はなうた横丁

 ふらっとゆる〜く息抜きに。

【体験談】スキー場バイトの実情を経験者が語る|休みは?出会いは?温泉は?


しみって誰?

ブログ運営者しみの詳細プロフィール



   

f:id:mowmow18:20181007200058j:plain

スキー場バイトはウェイウェイしてる人ばかりで、ちょっとコワイと感じていませんか?

今年こそスキー場バイトに行ってみたいのに、チャラチャラしてるイメージが強くてなかなか踏みだせない人もいるはずです。

なじめるか心配、でも毎日スノボー滑りたい

もしかしたら、それ叶うかもしれません。


この記事では、毎日滑ることができるスキー場バイトの体験談をお話しします。

  • 無料でたくさんスキー・スノボーがしたい!
  • ゲレンデマジックにかかりたい!
  • 毎日温泉に入りたい!
  • お金もちゃんと稼ぎたい!

 
このすべてを、スキー場バイトを実際に体験したのぞみさんにお話を聞きました。

のぞみさんは北海道出身で、リゾートバイトをとおして全国47都道府県制覇したこともある、正真正銘のリゾバイターです。


お話を聞くのは、以前このメディアで「住み込みバイトを2年間経験した私がその魅力を徹底解説する」という記事を書いた元リゾバイターブロガーのナナメドリです。よろしくお願いします。

 

スキー場バイトならリゾートバイト(住み込み)がおすすめ

f:id:mowmow18:20181007200335j:plain

f:id:mowmow18:20181007185227p:plain -どうしてスキー場バイトなら、リゾートバイトがおすすめなんでしょうか? リゾートバイトってリゾバですよね。住み込みの。

 

f:id:mowmow18:20181007185306p:plain そうです、住み込みで働きます。最近では、住み込みといえばリゾートバイトです。なかなか観光に行きづらい場所や、住んでみないとわからなかった名所を発見できる、旅行好きにはもってこいのバイトです。

 

f:id:mowmow18:20181007185227p:plain -旅行好きにはたまりませんね。国内旅行は意外と交通費がかかるし、リゾートバイトで一緒に働く仲間と観光も楽しめますね。

 

f:id:mowmow18:20181007185306p:plain スキー場のリゾートバイトは、大型施設が多いです。その施設で働いているのは、リゾートバイトで来ている派遣スタッフがほとんどなんです。

住み込みなので寮もいっしょ、職場もいっしょで仲良くなりやすい。友だちになるのはあっという間で、休日もいっしょにゲレンデに行ったり、観光することもできるんです。

 

のぞみさんが思うリゾートバイトの魅力は、まだたくさんあるという。

 

f:id:mowmow18:20181007185306p:plain リゾートバイトってお金がたまるんですよ(笑)。さいしょは疑っていたんですけど、寮費無料で、まかないが出て食費もかからない、周りにコンビニもないと、お金を遣う場所もない。

スキー場バイトはリフト券が無料でついてくるので、滑り放題。

もちろん忙しいときは、働かなきゃいけないんですけど(笑)。働いているときも楽しいです。

 

f:id:mowmow18:20181007185227p:plain ーまだまだ、スキー場で働く魅力がたくさんありそうですね(笑)

 

スキー場バイトの5つのメリット

 
そこで、のぞみさんにスキー場バイトの5つのメリットを教えてもらった。

f:id:mowmow18:20181007185306p:plain スキー場バイトは、とにかく楽しかった。メリットを5つにしぼってみましたが、楽しいということを先に伝えたいです!

 

f:id:mowmow18:20181007185227p:plain ー楽しいって最強じゃないですか。具体的に聞かせてください。

 

1. 無料のリフト券付き

f:id:mowmow18:20181007200454j:plain

f:id:mowmow18:20181007185306p:plain やっぱり無料でスノボーが滑れることが嬉しいですね。シーズンごとに買うリフト券は、何万としますからね。

 

f:id:mowmow18:20181007185227p:plain -え、何万?そんなに高いんですか?

 

f:id:mowmow18:20181007185306p:plain リフト券はグループ割引やファミリー割引もありますが、一人で滑ると高いです。早割で買っても高い。

リフト券だけじゃなく、スノボーには必要なものがたくさんあります。自分のウェアや板を持っている人が多いですが、スノボーデビューしたい人もいます。もちろん従業員割引でレンタルもできますが、この機会に自分用にそろえる人もいます。

 

f:id:mowmow18:20181007185227p:plain ーじゃあ、ウェアや板など自分のものを持っていれば、実質無料でスノボーできるってことですもんね。リフト券のありがたみはすごい。

 

小規模ホテルや民宿の場合は、リフト券が少なくて派遣スタッフで使いまわすときもあるとか。その点、大型ホテルは滑るのが目的でリゾートバイトに来ている人が多いため確実に滑れるという。

 

2. 外国人観光客が多く国際交流ができる

 
リゾートバイトは、どこに行ってもだいたい外国人スタッフがワーキングホリデーや、インターンで働いていることが多い

しかし、スタッフだけじゃなく外国人観光客も多い。「ここは海外?」と思うくらいに日本語を聞かない日もあるという。

 

f:id:mowmow18:20181007185306p:plain 働く場所によっては、日本人のほうが少ないところもあります。ニセコ、白馬あたりは外国人観光客が多かったですね。

英語や中国語必須の派遣先もありました。これから留学やワーホリを考えてる人や、語学が堪能な方はスキー場バイトで活かせるはずです。

 

f:id:mowmow18:20181007185227p:plain ーワーホリに行く前に、英語に慣れるのもいいですね!私はスキー場ではなく箱根ですが、インドネシアの子と台湾の子が同僚で、日本人は自分だけでした。今でもSNSでつながっているので、交流も続くし楽しいですよね。

 

3. 派遣がたくさんいる

f:id:mowmow18:20181007201011j:plain

外国人スタッフだけではない。全国から雪をもとめて滑りに来る人は多いのだ。リゾートバイトといえば、若者が多くて飲み会ばかりというイメージではないだろうか。

 

f:id:mowmow18:20181007185306p:plain 毎日飲み会がありました(笑)。お酒を飲む子は、お酒代がかさむと嘆いていましたね。寮の部屋で鍋やたこ焼きパーティーをするのが日常でした。

こういったみんなで集まる楽しさを味わえたのは、住み込みならではの体験かなぁと感じます。ふつうなら飲み会は居酒屋で、家に帰らなきゃいけない。

でも、住み込みだから帰るどころか部屋はすぐとなり。ついつい、遅くまで話しこんじゃいました。

 

4. 毎日温泉に入れる

 

f:id:mowmow18:20181007185227p:plain ー本当に毎日温泉に入れるんですか?

 

f:id:mowmow18:20181007185306p:plain 入れますよ!温泉は疲れがとれますね。私は温泉目当てで派遣先をえらぶくらいです。大きなお風呂に入るの大好きなんですよ。

 

f:id:mowmow18:20181007185227p:plain ー寒いところで働いたあとの温泉は、また格別ですね。

 

温泉に慣れると、温泉のない寮がものたりなく感じるという。お風呂に入る時間が決まっていることも多く面倒かもしれないが、規則正しい生活ができるのでおすすめだ。

何より翌日の疲れのとれ具合が、シャワーと温泉じゃまったくちがうので試してみてほしい。

 

5. とにかく楽しい

f:id:mowmow18:20181007201433j:plain

f:id:mowmow18:20181007185306p:plain 最初にもお伝えしましたが、スキー場バイトがいちばん楽しかったんです。リゾートバイトで全国各地に行きましたが、本当に行ってよかったと思えるナンバー1のバイトです。

こんなに楽しかったのは、いっしょに働いていた同僚であり友だちのおかげですね!大人になってこんなに友だちができるとは思いませんでした。


大人になっても友だちはできる。日本全国や海外に友だちがいるということは、世界が少しだけ広がる気がする。その友だちに会いに行くというだけの理由で、旅行ができる楽しみも増えたということだった。

 

スキー場バイトの仕事内容


スキー場バイトといっても、いろんな職種があり仕事内容がちがう。主な職種はこんな感じだ。

  • スキー場でのリフト補助
  • チケット販売
  • アクティビティ
  • 売店
  • ゲレンデ食堂
  • 清掃業務

 
のぞみさんはゲレ食、いわゆる「ゲレンデ食堂」を選んだ。
 

f:id:mowmow18:20181007185227p:plain ー最近のゲレ食は美味しいですもんね。ゲレンデ食堂の仕事内容はどんな感じでしょうか。

 

f:id:mowmow18:20181007185306p:plain 主にカウンターの接客です。フードコートをイメージしてもらえればわかりやすいかと。

  • レジ専門スタッフ
  • 料理の受け渡しスタッフ
  • 盛り付けスタッフ
  • 洗い場スタッフ
  • 調理スタッフ

 
それぞれ分担しておこなうようだ。そのなかでも、カレー、ラーメン、ごはんものと店舗が分かれて、その日に担当を決めるスタイル。担当といっても「今日は私カレーやりたい」といった自己申告制で、自由だったそう。

 

f:id:mowmow18:20181007185227p:plain ー寒いところでは、やっぱりあったかいラーメンが人気そう!人気店舗は忙しくて、ハードではないですか?

 

f:id:mowmow18:20181007185306p:plain 忙しい店舗でも、比較的仕事はラクなんです。一般的な飲食店とはちがいますからね。

レジ専門スタッフがいるので、私はデシャップと呼ばれる出来上がった料理を出す係でした。

レジをやらないのでお金も扱わないし、洗い場も洗い場専門スタッフがいたんです。だから、ひたすら料理を出していました。

 

スキー場バイトの一日と勤務の流れ

 

f:id:mowmow18:20181007185227p:plain ースキー場バイトのなかでも、楽な仕事を選んだというのぞみさん。ゲレンデ食堂の一日の流れを教えていただきたいのですが…

 

f:id:mowmow18:20181007185306p:plain わたしが働いていたゲレンデ食堂の場合は、通し勤務で朝8時から16時という固定シフトでした。ピークタイムは、お昼のランチ時です。このシフトの良いところは、夜は自由なのでナイターが滑り放題なんです。

 

f:id:mowmow18:20181007185227p:plain ーシフトが固定されていて稼ぎやすそうですね。夜はスノボー滑れるし、飲み会もできるし、プライベート時間が確保されていて楽しそう。

 

寮から職場までは、かならず社員さんと移動するため、どんなに暇な日でも早上がりができないそうだ。そのかわり移動時間も勤怠がついて、きっちり働くことができる。

 

スキー場バイト、ここが大変!

f:id:mowmow18:20181007202233j:plain

f:id:mowmow18:20181007185227p:plain ースキー場バイト、お話を聞いてると楽しそうですが、デメリットやここが大変だったなぁというところはありますか?

 

  • 寒い
  • 雪がたくさん降ったら大変
  • 相部屋が多い
  • 食事代がかかる

 

f:id:mowmow18:20181007185306p:plain そうですね、こんな感じでしょうか。リフトの仕事は雪が降ったら、早く行かなきゃいけないこともありましたね。

 

f:id:mowmow18:20181007185227p:plain ー雪は少なくても多くても大変ですね。こればっかりはしょうがないですよね。気になるのは、食事代がかかるということですが無料ではないんですか?

 

f:id:mowmow18:20181007185306p:plain 無料といえば無料なんですが、前払いで自腹をきることがあります。スキー場バイトに多いのが食事手当支給があるパターンです。

1日500円支給×出勤日や、月5,000円の支給と決まった額を給料といっしょに振り込まれるケースです。派遣先によって、金額はまったくちがいます。

また、まかないがあっても量が足りなくて売店でパンを買ってしまったりすると、食費がけっこうかかりましたね。

 

f:id:mowmow18:20181007185227p:plain ーお菓子も買っちゃったりしますもんね…。

 

f:id:mowmow18:20181007185306p:plain なかなか買えないと思うと、お菓子は買いだめしちゃいます(笑)。

 

f:id:mowmow18:20181007185227p:plain ーわかります(笑)。スキー場の寮は個室が少ないと聞きますが、相部屋って大変ですか?

 

f:id:mowmow18:20181007185306p:plain 個室寮もありますが、人気なので早い者勝ちです。早いと9月から先行募集が始まっているので、どうしても個室がいい人は一刻も早く探したほうがいいです。

大量募集や、短期の募集はどうしても相部屋が多いです。

相部屋も楽しいですが、気を遣ったりしてしまうと疲れてしまうので、たまには一人になりたいんですよね。あと、虫が苦手なんでカメムシが出るところもあって嫌でした。虫が出たときは、虫に強い相部屋の子に退治してもらっていたので、メリットもあります(笑)


プライベートな空間と時間はたいせつ。自分に合った生活スタイルを重視するのも、リゾートバイトを楽しむ秘訣といわれる。友だち同士やカップルで行く人は、歓迎している派遣先を選んでおけば間違いない。

 

スキー場バイトの休みはどのくらい?

 

f:id:mowmow18:20181007185227p:plain ーシフトはどんな感じですか?休みは結構とれたりするんでしょうか。

 

f:id:mowmow18:20181007185306p:plain シフトは融通がきくほうだと思います。大型施設の場合は、派遣スタッフも多いので休みやすいですね。

派遣先によっては、滑りたい派か働きたい派か聞かれたこともありました。一人ひとりの希望を聞いてくれるのは、嬉しいですよね。私は毎日滑りたいわけではなかったので、働きました。


そんな優しい派遣先ばかりではないのも事実だ。人手不足なところは働かされる、雪が少ない日は働けない。結局は働くところによるかもしれない。こればかりは行ってみないとわからないものである。

 

空いてる時間にスキーやスノーボード(スノボー)はできるの?

 

f:id:mowmow18:20181007185227p:plain ー毎日本当に滑れたりするのでしょうか。中抜け勤務の休憩時間でも滑りに行く人がいるというのは本当ですか?

 

f:id:mowmow18:20181007185306p:plain はい。毎日滑る人は、本当に毎日滑ってます(笑)。朝仕事終わって、ひと滑りして、また仕事ですよ。すごすぎます。

ゲレ食の場合は、通し勤務で固定されてるので、かならずナイター滑れるのが嬉しかったですね。残念なのが、休みじゃないと朝イチや日中に滑れないことでした。

朝イチのパウダースノーを味わいたくて、午後からのシフト希望出している人もいたくらいです。

 

f:id:mowmow18:20181007185227p:plain ーそれ絶対気持ちいいやつ!朝イチの独り占めパウダースノーは最高ですね。

 

スキー場バイトで出会いはあるの?恋愛は?

f:id:mowmow18:20181007202500j:plain

f:id:mowmow18:20181007185227p:plain ースキー場バイトで気になるのが、なんといっても出会いです!彼氏や彼女が実際にできることはあるんでしょうか。

 

f:id:mowmow18:20181007185306p:plain 出会いは多いですね!カップル率めちゃくちゃ高いです。新しい出会いを期待してリゾートバイトに来ている人も多いし、飲み会も多いので自然とくっつきやすい環境ではあると思います。

ただ、遊びにきてる感覚の人が多いのも事実で、毎年遊んでるんだろうなぁという人もいました(笑)

 

ただでさえ、リゾートバイトは地元をはなれて寂しくなる気持ちもある。スキー場バイトは、それにゲレンデマジックにかかってしまうのが厄介という。

 

f:id:mowmow18:20181007185306p:plain まじでスノボー男子はかっこよくみえるんです!高く飛んだりするとかっこいい。ウェアとゴーグル効果で男はかっこよく・女はかわいくみえる不思議。とくにスノボー初心者の場合、上級者に教えてもらうと、胸キュンですよ…。やばいです。

 

しかし、めんどくさい修羅場も多い。同僚に好きな人ができて相談されたり、嫉妬されたりする。

 

f:id:mowmow18:20181007185306p:plain 同僚(女)に好きな人ができました。その好きな人と私は、友だち関係で何もないのに、二人で出かけるのは気まずくなったりしました。

あとで問いつめられますからね。たまたま休みがかぶって、出かけるだけでも気を遣いました。仕事中も、社員さんがペアを決めたのに一緒でズルイって言われちゃいました。

 

f:id:mowmow18:20181007185227p:plain ーうわぁ…、想像しただけで面倒ですね(苦笑)。カップルになっちゃえばいいんでしょうが、片思い中は周りがなかなか辛い状況になりますね…。

 

f:id:mowmow18:20181007185306p:plain そうなんです!でも、恋人ができる確率は高いです!

 

f:id:mowmow18:20181007185227p:plain ー恋人募集中の人は行くしかないですね。

 

スキー場バイトって稼げるの?時給は?

 

f:id:mowmow18:20181007185227p:plain ー最低賃金が年々上がっているせいか、全体の時給も上がって今はスキー場バイトも1,000円前後が多いですよね。

 

f:id:mowmow18:20181007185306p:plain 前までは、時給850円〜900円前後なのに寮費がかかったり、まかないなしで食事も実費で負担しなければいけないところも多かったです。それでも人気でしたから。

今では、900円台の時給のところもありますが、寮費無料・1日3食のまかない付き・温泉入り放題・個室寮でWi-Fi完備といった好条件も増えました。

 

また、滑りを重視するとシフトが減るためそこまで稼げない。滑りたいから来ているのを派遣先もわかっているからだ。休みを多くすると、そのぶん給料も減るわけである。

 

f:id:mowmow18:20181007185306p:plain あとは、雪に左右されますね。雪が降らないと滑れないので、オープン日がずれたりすると最悪です。せっかく来たのに滑れないし、仕事もないので稼げません。休みばかりなのに滑れないのはかなしかったです。

 

それでもスキー場で稼ぎたい人には、レストランスタッフがおすすめ。ナイター営業しているゲレンデだと、夜も混んでいて残業代で稼げるという。

 

スキー場バイトに持っていった方がいいもの

f:id:mowmow18:20181007202927j:plain

  • 板などスキー・スノボーグッズ
  • 防寒着(ヒートテックや極暖必須)
  • 鍋やホットプレート

 

f:id:mowmow18:20181007185227p:plain ー鍋やホットプレートって意外なんですが、食事はまかないではないんですか?

 

f:id:mowmow18:20181007185306p:plain 寮も楽しくて、寒いから鍋パーティーばかりしてたんです。わざわざパーティーしたくて、たこ焼き器も買ったほどです(笑)みんなでわいわい作って、食べるのはほんとうに楽しいんですよ。

お酒好きな人は、お酒も必須。売店やホテルの自販機でも売っているが、やはり割高です。お酒代もバカにならないので、休日に買いだめしたりネットを利用して買っている人も多いそう。

 

スキー場バイトの始め方

 

f:id:mowmow18:20181007185227p:plain ースキー場バイトをするときは、どのように始めたらいいんでしょうか? 始め方を知りたいです。

 

f:id:mowmow18:20181007185306p:plain まず、どこの地域に行きたいかしぼるのがオススメです。

スキー場で有名な地域は、以下です。スキー・スノボー経験者ならご存知かもしれませんが、自分の好きな雪質でえらぶのもいいですね。

 

  • 北海道(ルスツ、ニセコ、トマム、キロロ、サホロ、富良野)
  • 新潟(妙高、越後湯沢)
  • 東北(蔵王、安比高原、猪苗代、裏磐梯)
  • 長野(志賀高原、野沢温泉、白馬)
  • 岐阜(郡上市)
  • 中国(女鹿平、大山)

 

f:id:mowmow18:20181007185306p:plain 重要なのが登録する派遣会社です。同じ仕事でも時給や条件がちがいます。なるべく自分の希望にそった求人がある派遣会社をえらぶのも大切です。

 

f:id:mowmow18:20181007185227p:plain ー私も派遣会社は4社登録しています。時給がかなりちがったのはショックでした…。

 

f:id:mowmow18:20181007185306p:plain やっぱり何社か登録しておかないと、条件が良い求人にめぐりあえないです。

一回登録してしまえば、電話やメールのやりとりになるので、そこまで面倒ではないですしね。それより、自分が好きなところへ行きたい気持ちが勝ちます!

 

派遣会社の選び方は、こちらの記事「【おすすめ】リゾートバイトの派遣会社5社を徹底比較!初心者を悩ませない特徴・評判まとめ」で解決します。どこに登録していいかわからない人は、まず読んでみてくださいね。

 

スキー場バイトはこんな人におすすめ!

 

f:id:mowmow18:20181007185227p:plain ーずばり、スキー場バイトが合っている、こんな人におすすめだという人は、どんな人でしょうか。

 

f:id:mowmow18:20181007185306p:plain 滑りたい、出会いたい、楽しく働きたい人ですね。

滑り重視な人は毎日滑ってますし、スノボー上級者はかっこいいのでモテるし、みんなでわいわい楽しく働けます。出会いを求めてる人は、積極的に大型施設の大量募集の派遣先を探してください。友だちもたくさんできますよ!

 

なかにはカラオケ利用可能、クラブやパーティールーム完備など、楽しめるコンテンツがそろっている派遣先もある。遊びたい、パリピデビューしたい人にもおすすめかもしれない。

 

f:id:mowmow18:20181007185306p:plain クラブルーム行ったら楽しいですよ!毎月、派遣スタッフの送別会があるのでさみしいけど、最後は楽しもうと思って盛り上がっちゃいます。

 

スキー場バイトにおすすめな人

  • 毎日滑りたい
  • 出会いがほしい
  • 楽しく働きたい

 

 

スキー場で働いて充実した冬にしよう!

f:id:mowmow18:20181007203315j:plain

とにかくスキー場バイトは楽しかった」と語るのぞみさんが印象的でした。

今回はのぞみさんにお話を伺いましたが、実はほかのスキー場バイト経験者にもたくさんお話を聞いたんです。

みんな口をそろえて言うのが「楽しかった」という一言でした。

ますます行ってみたくなりますよね。そんなに楽しいなら、私もやろうかなと考えているところです(笑)


スキー場バイトがしてみたい、スキーやスノボー毎日滑りたい、温泉にも入りたい、そして出会いがほしいあなたのためのバイト、それがスキー場バイトです。

この冬は、住み込みでスキー場バイトに挑戦してみませんか?

 

 

 

 

 

f:id:mowmow18:20170919194244p:plain

書いた人:ナナメドリ

・Twitter @nanamedori

・Blog ナナメドリ