はなうた横丁

 ふらっとゆる〜く息抜きに。

専業主婦は家族のプロデューサー!子育てを楽しむ母に感動した

f:id:mowmow18:20160805082741j:plain


先日、母と話していて感動した言葉があったのでシェアしたいとおもいます。
 

専業主婦の母

f:id:mowmow18:20160805082819j:image

ウチの母はぼくを出産する際に仕事を辞めてから、ずっと専業主婦として家を守り、家族を元気付けてくれているんですね。

いつの日も父と母に守られ、たくさんの愛を注がれて育ったぼくと弟は、元気にすくすくと大人になっていき、幸せな環境だったのだなぁと今になって感じます。

そんなウチの母はとてもパワフルで元気で、
まるで太陽のような人


若い頃バンドのボーカルをやっていたり、ママさんバレーのチームを立ち上げたり、ママさんサッカーで全国準優勝したり、

今では保育士の資格を活かして、学校おわりの小学生たちと遊ぶ学童保育のような仕事をしながら、テニススクールに通っています。ちなみに中級らしいです。

 

車内での会話

f:id:mowmow18:20160805083459j:plain

そんな母とドライブをしながら会話をしているときに、母が占い師と話したときエピソードを聞きました。

母「最近エネルギーの使い道に困っているんです」

占い師「ほうほう」

母「今までは専業主婦で子どもたちや家族にエネルギーを注いでいたんですけど、子どもたちが社会人になって自立していった今、エネルギーの使い道がわからなくて」

占い師「なるほど」

母「専業主婦って、お手伝いさんみたいに考えるとツマンナイと思うんですけど、わたしは家族みんなをプロデュースする側に回ろうって思って。みんながイキイキ過ごせるように、楽しく生きれるようにプロデュースしようって思ったら毎日楽しくてワクワクで。

占い師「でも子育て大変だったでしょう?」

母「楽しすぎて覚えてないです」

  

専業主婦はプロデューサー

f:id:mowmow18:20160805082614j:image

この言葉を聞いて、母の偉大さを改めて感じました。

思えば僕はいつも大事なポイントで母に助けられていた気がします。どんなときにも肯定してくれて、「自分ならできる」と思わせてくれて、悩みがあるとなぜかすぐに気付いてくれて、さりげなく元気づけてくれる。

まさにプロデュースしてもらっていて、その根っこには愛がありました。おかげで今このように生きることができております(笑)


なによりも、専業主婦というものを超前向きに捉え、そこに楽しさを見出し、ワクワクしている母親のマインドが素晴らしいなと感動しました。

ぼくの「なんでも楽しむ」という思考はまぎれもなく母譲りです。

  

成人祝い

 

そんな母から成人祝いでもらった包みには
こんな言葉が書いてありました。
 

f:id:mowmow18:20160804221002j:image

とても幸せで、楽しい子育てでした。
ありがとう!!

僕はこれを読んだときに泣いてしまいました。
逆だよ。と。ありがとうを言いたいのはこっちのほうだよ。と。

無償の愛というものを感じた瞬間だったな。

 

父とのエピソード

f:id:mowmow18:20160805083025j:plain

最後に母が専業主婦になったキッカケとなったエピソードが素敵だったので紹介しておわります。

父は、ぼくが産まれたのと同時にシステムエンジニアとして会社を立ち上げました。起業当初は忙しすぎて毎晩帰りが遅かったのだとか。


そして弟が産まれ、二人の子どもを育てる中で、母が「わたしも働こうか?」と聞いたらしい。

そしたら父がこう言ったそう。


かぐちゃん(母)は家族の太陽だから、家に居てほしい。好きなように生きて、みんなを元気付けて、家の中を明るくしていてほしい。

 

父、かっけえ。

 

それ以来、母は上記のとおり自分の好きなことをして、やりたいことをして、家族を元気付けながら、プロデュースして、毎日たのしく過ごしています。
 

 

専業主婦は家族のプロデューサー

自分の考え方次第で、捉え方次第で、
なにごとも楽しめるんだと学びました。

ぼくは家族が大好きです。