はなうた横丁

 ふらっとゆる〜く息抜きに。

恩貯金はじめました。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  

>> ブログ運営者しみの詳細プロフィール




スポンサーリンク

   

f:id:mowmow18:20180121173122j:plain

ウチのお店ぺーたーずにて「恩貯金」という制度をはじめたので説明していきます。

 

恩貯金って?

 
恩貯金とは、次に来たひとのお会計を払ってあげられるシステムです。

たとえば1000円を恩貯金箱に入れてくれたら、その1000円は次のだれかのために使われます。

前に来たひとが払ってくれているので」と次のだれかに1杯おごります。

f:id:mowmow18:20180121173227j:plain

恩を送りたいひと (おごりたいひと) は指定してもいいですし、だれでも!という場合はぼくらの判断にまかせていただければ恩をちゃんと受け取れるひとに回します。

その恩を受け取ったひと (おごってもらったひと) はまた次のひとに恩をまわしてもいいですし、ぺーたーずじゃなくまた別のシーンでだれかに優しくできればいいと思うのです。

 

恩を送った人と送られた人がつながるキッカケに

f:id:mowmow18:20180121173339j:plain

恩貯金にお金を入れてくれたひとは「恩貯金ノート」に名前と金額、メッセージも書けます。

恩貯金からおごってもらって飲んだひとがいたら、ホワイトボードに感謝のメッセージを書いてもらってその人と写真を撮って「○○さんの恩貯金で○○さんが1杯飲むことができました!」とツイートする。

そうして恩を送ったひとと、恩を受け取ったひとがSNSやリアルでつながれたら、それはすごく素敵なことだと思うのです。そのハブにぺーたーずはなりたい。

もちろん人を指定して「あの人が来たらこのお金でおごってあげて」と恩貯金箱に入れるのもOKです。

 

恩はその人に返さなくてもいい 

f:id:mowmow18:20180121173501j:plain

恩を受け取ったからといって、つぎに回さなきゃいけないとかもないです。その感謝を、その人が別のシーンでだれかに還元してくれたらうれしい。

お金って自分のために使うことが多いけれど、人にまわして循環させてることで生まれる感情もあるなって。

もし気が向いたら、恩貯金してみてください(*^^*)

 

f:id:mowmow18:20180121173546j:plain

P.S. 今回恩貯金のアイデアを提案してくれたぶんた(真ん中)ありがとう!!!

"恩返し" から "恩送り" の時代が来ている

 

 

阿佐ヶ谷カフェバー「ぺーたーず」のお店詳細

 

 

店内ビュー

 

アクセス詳細