はなうた横丁

 ふらっとゆる〜く息抜きに。

ブログ収入は麻薬だった。

f:id:mowmow18:20210602101553j:plain
 

ブログをはじめてもう4年になる。

4年前はブロガーといわれる人たちはもっと少なく、いまやツイッターに溢れかえるブロガーも、当時はツイッターでがんばって探してやっと数人見つかるくらいだった。

つまりは稼ぎやすかった。

専門的な話にはなるけど、どのキーワードもガラ空きで、何度もはてブでバズってドメインパワー(ブログのレベルみたいなやつ)が強くなった。

ラッキーパンチみたいなものだ。

そんなこんなでここ3年くらいはブログからの収入で暮らすことができている。

画像1

ブログ収入のいいところは

  • 毎月の安定的な収入になる
  • うまく軌道に乗れば放置してても(たまにメンテナンスしてれば)そんなに収益は落ちない
  • パソコンさえあればどこでも仕事できる


という、なんとも現代の若者が好きそうなワードの詰まった働き方ができる。

ぼくは、2年前くらいにブログからの収入が正社員時代の月収を越え、生活費とすこし贅沢をしても暮らしていけるくらいのお金が毎月入るようになった。

自分で言うのもあれだけど、努力の賜物である。そのくらい時間をかけてやったし、お金を稼ぐことは良いことだとも思っている。

しかし、がんばらなくても毎月収入が入るようになって、お金にも時間にも余裕ができたとき、超無気力になった。


なにもしなくてもお金が入ってくる、という夢のような状況になったとき、ぼくはがんばる理由がなくなってしまった。

もっとお金を稼いでやるぞ!」みたいな向上心もないし、「社会のために貢献するぞ!」という気持ちもとくにない。

そこからはやる気がでない日々が続いた。昼過ぎに起きて、YouTubeやアマゾンプライムで映画をみたり、誘われれば飲みにいく、みたいな生活。

自分大好きなぼくは、そんな自分に嫌悪感を抱くこともなかった。やる気起きないけど、まあいっか。いまはそうゆう時期だろう。みたいな感じ。

画像2

でも数ヶ月経ってみて「いやさすがに人生もったいねえ!!!」と思ったので、自分はなにがしたいのかをちゃんと考えた。

ぼくは、自己表現がしたかった。

自分の想いや感性の表現。その手段が今までは文章だったけど、ほかの分野も挑戦してみたい。

社会貢献したい欲はないけど、ぼくがぼくの好きな表現をすることで、結果社会になにか影響があったなら良い。

漠然とそんなことを思った。


状況を整理した。今のぼくにはありがたいことに時間としばらく生きていける収入源がある。

つまり

お金がかかること
時間がかかること

をしていけば良いのではないか、と結論した。


お金も時間もかかることを普通の人はしない。生活費と、それを稼ぐための仕事に時間を割かないとならないからだ。

でも今のぼくにはソレができる。他の人が参入しにくいところで勝負したい、という負け戦はしない諸葛亮みたいな自分がたまに出る。


お金も時間もかかること、、
そして自分の財産になること、、

それは「スキル」だった。

画像3

それからぼくはフォトショとイラレを覚えてデザインができるようになった。簡単なフライヤー、チラシ、アイキャッチ、ロゴ、名刺ならつくれる。

ファイナルカットとプレミアを覚えて動画編集もできるようになった。一眼レフとゴープロでおしゃれで綺麗な映像も撮れる。

撮った写真をライトルームでレタッチすることもできる。

いまは本格的な映像の撮影を覚えていて、WEB CMやMVの撮影がおそらく夏までにできるようになる。

来年は作曲スキルを覚えたい。


そうやってスキルを習得する方向にシフトしていった。しかもこれがとても楽しい。27歳にして新しいことをせっせと勉強するのがこんなにワクワクするなんて。

スキルは最強の資産だと思う。

ブログが明日消されても、YouTubeチャンネルがBANされても、SNSアカウントが凍結しても、スキルは自分のなかに残る。盗まれることもない。

なによりぼくにとって、できることが増えて表現方法が増えていくことの幸福度はすこぶる高い。


いまぼくが収入0になっても、デザイン、動画編集、作曲、SEOライティング、などで生きていける。柔道整復師の国家資格も持ってるので、接骨院や介護施設で働くこともできる。

画像4

ブログ収入は素晴らしい。メリットだらけだ。でもその反面、こわいなとも思う。

毎日報酬が発生してくれる収入画面を見て安心する。そして無気力になっていく。ブログ収入はぼくにとって麻薬みたいなものだった。

ただ、いまはスキルを身につけていくことに楽しみを見出すことができて、ブログの収入を増やすこともゲームを攻略していくような感覚でできている。

「お、あの施策がうまくいって収益増えた〜やった〜!」みたいな感じ。金額の増減にもとらわれなくなった。


お金は人生の選択肢を増やしてくれるツールではあるけど、お金自体が人生を豊かにはしてくれない。稼いだその先をイメージできてるといいかもなって最近は思ってるよってお話。

たぶん同じような気持ちになった人もいると思うし、これから経験する人もいるかもなので、なにかの参考になればと思い書いてみました。

ご静聴ありがとうございました。