ちいさなことにも感動を。

夕方。すこし疲れた表情で帰路につく。今日はなんだか、両肩にかけたリュックがいつもより重たい。こんな日もあるよなあ、なんて思いながら電車に乗り込む。ガタンゴトンと心地よいリズムが包み込んでくれて案の定ぼーっと考えごとをする。こんなだらしない僕でさえちゃんと目的地に運んでくれるマジメな電車ならびに車掌…