読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はなうた横丁

 ふらっとゆる〜く息抜きに。

やりたいことにまっすぐに。正しさよりも、楽しさだと思う。

LIFE LIFE-考えたこと

 人気記事

  ✔ 【グッドポイント診断】ビビるくらい当たる長所診断があるらしいのでやってみた

 理想の高い人が彼氏(彼女)ができない本当の理由

 Amazonプライム会員のメリットがやばすぎて吹いたので紹介する


スポンサーリンク

   

f:id:mowmow18:20170101032523j:plain

澄んだ空気にきれいな星空。そんな本日はどうやら大晦日と言われているらしく、あちらこちらで「よいお年を!」なんてゴキゲンな声が聞こえてきます。

そんな浮かれ気分な世の中に便乗して、寿司を食べ、年越しそばを食べ、1kgほどズッシリ感の増したぼくは今ふとんの中にいまして、気ままにごろごろしながら、フワフワとした妄想のなかに自分を浮かべていたりします。

そんなわけで、この一年で学んだことをゆっくりと話していこうかな。さあさあ、座って座って。
 

軽やかに生きてきた

f:id:mowmow18:20170101032652j:plain

まあなんだかこの一年は軽やかに、身軽に、いろんなことをやってきました。これでもかってくらいに一歩目が軽くてね、戦場だったらまず初めにやられているようなタイプだった今年でした。

まだまだ無名だったぺーたーずを加速させるために、シェアハウスを解散したこと、それをきっかけにメンバーにホームレスが生まれたこと、いろんなイベントを仕掛けたこと、クラウドファンディングに挑戦したこと。

こう振り返ってみると、ぼくの2016年はぺーたーずブログというものが大半を占めているような気がするなあ。とにかく知名度を上げたくて、おもしろいことをやっている僕らのことをみんなに知ってほしくて、やりたいことを叶えるスピードを加速させたくて、動いて動いてフットワーク軽くなんでもやってみたんだよね。

失敗もしまくって膝はアザだらけだったりするんだけど、そもそも走らないことには転ぶことすらできなくて、進むことなんてもってのほかで。なによりも脚力がついた一年だったなあ。
 

正しさよりも、楽しさを

f:id:mowmow18:20170101033557j:plain

そんな浮き沈みの激しい日々のなかで、ぼくがなによりも大切にしている軸みたいなものがあってね、それは「正しさよりも、楽しさに乗っかる」ということ。

世の中てきには「正しい」と言われていることや常識みたいなものは一旦無視して、ただただ自分たちが「楽しい」とおもった方向に進んだんだよね。一般に認識されている正しさや常識なんてのは、ただそれが多数派ってだけでさ、正解ではないんだよ。

そうやって、ぼくらの正解は「楽しいことだ」という軸をもって進んできたんだけど、そうすると不思議なことに人間関係が変わっていった。

まず、ぼくらから離れる人が出てきた。今までイベントにきていた人も、こなくなったりした。そりゃあそうだ。メンバーがひとりホームレスになったり、クラウドファンディングで資金をあつめたり、ブログで稼いだりしている。

たぶん、そうゆう言葉にあまり触れてこなかった人は理解ができないだろうし、ホームレスみやに対して「本当のホームレスを馬鹿にしてる」なんて声も聞こえてきて、みんなの理解を得るのはむずかしいなあ、ということを改めて感じた。

 

でも、ぼくはそれでいいと思ってる。

 

ぼくらにはぼくらの正解があって、その人にはその人なりの正解がある。ぼくらに引っ張られてその人の正解を無理に曲げることはしてほしくないし、それはぼくらも同じ。

それぞれが、それぞれの気持ちのいい人生を歩めばいいんだよね。たぶん、いつかちゃんと話せば理解し合えるし、誤解も解けるし、「ああ、そうゆうことだったのね」なんて笑いながら飲める日を楽しみにしていたりする。

そこに対する意図も想いも熱量も、近くにいないと、どうしても伝わらないから。

 

そうやってさ、離れていった人もいたんだけど、その何倍以上も、応援してくれる人が増えた。

ぼくらは突拍子もない動きをするし、自分でいうのもあれだけど、ヘンなチームだとおもう。そんなぼくらに乗っかるヘンな人たちがたくさん現れた。まわりにおもしろい人たちが増えた。類は友を呼ぶのだ。そんでもってそんな人たちは得てしてエネルギーが高い。

そのおかげで上昇気流にうまく乗っていって、というより勝手に引き上げられていって、知名度もどんどん上がっていった。みんなが夢を叶えてくれた。

 

正しさよりも楽しさを選んだぼくらには、同じように楽しさに身を投じれるような最高なオトナたちが集まってきて、なんとも幸せな循環をつくることができちゃっている。
 

信頼も、心配も、愛だとおもう。

f:id:mowmow18:20170101033636j:plain

ぼくは人が好きだ。いまは離れちゃった人たちのことも、変わらず好きだ。大好きだ。だから本音を言うと寂しい。

でもね、心配も愛だと思うし、離れることすらも愛だとおもうんだ。人がなにか行動を起こすときには気持ちの変化があって、伝えたい想いがあってさ、それを言葉で伝える人もいれば、行動にうつすことで暗に伝える人もいる。

だから、離れたことにも意味があって、理由があって、それは言語としては伝えられていないけれど、行動としてちゃんとぼくらに伝わってる。それはその人なりの気持ちの表現であって、愛なんだよね。

ぼくはそんな人たちが元気に笑って生きていてくれたら嬉しいし、反対に、僕が僕らしく元気に笑って生きていることが、だれかの嬉しさになるのかなって思ったりするんだよね。
 

いまを生きていけ

f:id:mowmow18:20170101032428j:plain

まあなんだかこうやって振り返ったり、来年の抱負とかを考えたり、いろいろと考えがめぐるのが年末ってやつでさ、良くも悪くも自分というものを見つめ直すことができます。

前も後ろも見たくなるんだけど、不安も後悔もあるんだけど、結局は「いま」なんだよね。今この瞬間がなによりも大切で、イマココにすべてが詰まってる。

悩んだ日々も、眠れない夜も、寂しい時間も、苦しかったあの日もあるけれど、いまこの瞬間が楽しければいいじゃないか。オールOKだよ。

最近はそんな気持ちです。
 


気づいたら年が明けていて、地元の神社はにぎわっていて、なんだかハピネスな空気感が流れはじめたのを尻目に、「まだそんなテンションじゃないなあ」なんて思いながら実家のねことぐうたらしている僕はまだまだスイッチを切り替えられず、どうやら本年も例年通りゆるめな一年になりそうです。

どこまでもあなたらしく、どこまでも僕らしく、そんな感じでいけたら良いよね、今年も。