はなうた横丁

 ふらっとゆる〜く息抜きに。

背骨の仕組みって知ってる?実はスゴイ理にかなっていた。


 人気記事

  ✔ 【グッドポイント診断】ビビるくらい当たる長所診断があるらしいのでやってみた

 理想の高い人が彼氏(彼女)ができない本当の理由

 Amazonプライム会員のメリットがやばすぎて吹いたので紹介する


スポンサーリンク

   

f:id:mowmow18:20160409004421j:plain

 
みなさん、背骨について知っていますか?
 
人のカラダの中心にある背骨。
実はこいつ、ちゃんと意味があって
あんなカタチをしているんです。
 
今回はそれを
柔道整復師の国家資格をもち、
年間1000人以上治療してきた僕が
わかりやすく解説します。
 
 

背骨のキホン知識

 
みなさんが一般的に呼ぶ背骨とは、
医療用語でいうと「脊柱」といいます。
 
これがその脊柱。
 
f:id:mowmow18:20160407132425j:image
 
円柱型の骨に、脊髄を通す輪っかがついていて、
それが積み木みたいに積み重なったものが
いわゆる「背骨」というものになります。
 
首の骨を頚椎(けいつい)7コ
胸の骨を胸椎(きょうつい)12コ
腰の骨を腰椎(ようつい)5コ
お尻あたりを仙椎(せんつい)1コ
 
といいます。
 
 
 

生理的湾曲

 
さきほどの写真をみて分かるように
人の背骨はS字のようなカーブを描いています。
 
絵で描くとこんな感じ。
 
f:id:mowmow18:20160408001117j:image
 
このカーブのことを弯曲(わんきょく)といい、
前カーブを前弯、後ろカーブを後弯といいます。
 
 
 

猫背

f:id:mowmow18:20160408001408j:image
 
いわゆる猫背とは、
胸の骨の後ろカーブが強くなった状態。
 
言いかえると、胸椎の後弯が強くなった状態。
 
 

ストレートネック

f:id:mowmow18:20160408001417j:image
 
いわゆるストレートネックとは
首の骨の前カーブがなくなった状態。
 
言いかえると、頚椎の前弯が消失した状態。
 
 
 

なぜS字なのか?

 
じゃあなぜ人のカラダは
わざわざこのような曲線を描いているのでしょう?
主に2つの理由があります。
 

① 臓器の保護

f:id:mowmow18:20160408001428j:image
 
まず一つ目の理由がこれ。
臓器を保護するためです。
 
胸腔臓器(心臓や肺)を入れるためのカーブと
腹腔臓器(腸やその他)を入れるためのカーブ
があります。
 
これがあることによって
内臓器を守ることができます。
 
心臓なんて一番手厚い保護を受けてますよね。
なんてったって肋骨というガードマン付き。
鉄格子のごとく守ってくれます。
 
 
 

② 脳を守るため

 
二つ目の理由がこれ。
人間にとっての最高司令官である
脳を守るためです。
 
たとえば
走ったりジャンプして着地したりして
下から大きな衝撃が加わったとき
 
背骨がまっすぐだとしたら、、
 
f:id:mowmow18:20160408191515j:image
 
間違いなく脳に突き刺さりますよね?
 
槍のような感じで刺さってしまいます。
これでは超キケンです。
 
 
ということでS字カーブがあると、、
 
f:id:mowmow18:20160408001509j:image
 
このように衝撃を逃がすことができます
 
自分にとって一番大切な「」を
守るための仕組みができているんですね。
 
人間のカラダの構造にはすべて理由があります。
 
 
 
 

まとめ

f:id:mowmow18:20160409001641j:image

どうでしょう?
人のカラダってすごいですよね。
ちゃんと理にかなっているんです。
 
この弯曲(カーブ)が崩れると
さまざまな症状を引き起こす原因になります。
 
ストレートネックだと頭痛につながったり
猫背だと慢性の肩こりになったりします。
 
 
そしてこの正しい背骨の位置を保つために必要なのが
インナーマッスルという筋肉。
 
カラダの軸を支えてくれる筋肉ですね。
コイツが弱ってくると支えがなくなるので
どんどん姿勢が崩れてきます
 
f:id:mowmow18:20160327105246p:image

papas_ken

背中の曲がったおばあちゃんが分かりやすい例ですね。あれはインナーマッスルで支えきれなくなって骨変形が進んだ結果です。

 
じゃあインナーマッスル
どうやって鍛えればいいのか?
 
それについてはコチラの記事に少し書きました。
 
 
自分のカラダのことを知り、
背骨のバランスの大切さを理解して
健康管理をしていきましょう。 
 
 
 
《 自宅でインナーマッスルを鍛えたい人にオススメの本 》
 
 
《 関連記事 》