読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はなうた横丁

 ふらっとゆる〜く息抜きに。

映画「君の名は。」を観た感想とRAD挿入歌の曲名リスト


 人気記事

  ✔ 【グッドポイント診断】ビビるくらい当たる長所診断があるらしいのでやってみた

 理想の高い人が彼氏(彼女)ができない本当の理由

 Amazonプライム会員のメリットがやばすぎて吹いたので紹介する


スポンサーリンク

   

f:id:mowmow18:20160914135826j:plain

先日、話題の「君の名は。」という映画を観てきました。

いやもうSNSでみんなが観てきたツイートをしているので、どれどれどんなもんだ? そんなに面白いん? と思い事前情報をまったく入れずに観たところ予想以上に良かったため、こうして記事を書いています。

ではでは観た感想をつらつらと。


※ネタバレはなるべくしないよう、細かい内容には踏み込まないようにして書いていますが、ややネタバレありかと思います。

※個人的にとても感動したので激推ししていますが悪しからず。一意見として。

 

「君の名は。」あらすじ

f:id:mowmow18:20160914134406j:plain


千年ぶりとなる彗星の来訪を一か月後に控えた日本。山深い田舎町に暮らす女子高校生・三葉は憂鬱な毎日を過ごしていた。町長である父の選挙運動に、家系の神社の古き風習。小さく狭い町で、周囲の目が余計に気になる年頃だけに、都会への憧れを強くするばかり。

来世は東京のイケメン男子にしてくださーい!!!

そんなある日、自分が男の子になる夢を見る。見覚えのない部屋、見知らぬ友人、目の前に広がるのは東京の街並み。念願だった都会での生活を思いっきり満喫する三葉。一方、東京で暮らす男子高校生、瀧も、奇妙な夢を見た。行ったこともない山奥の町で、自分が女子高校生になっているのだ。繰り返される不思議な夢。そして、明らかに抜け落ちている、記憶と時間。二人は気付く。

私/俺たち、入れ替わってる!?

いく度も入れ替わる身体とその生活に戸惑いながらも、現実を少しずつ受け止める瀧と三葉。残されたお互いのメモを通して、時にケンカし、時に相手の人生を楽しみながら、状況を乗り切っていく。しかし、気持ちが打ち解けてきた矢先、突然入れ替わりが途切れてしまう。入れ替わりながら、同時に自分たちが特別に繋がっていたことに気付いた瀧は、三葉に会いに行こうと決心する。

まだ会ったことのない君を、これから俺は探しに行く。

辿り着いた先には、意外な真実が待ち受けていた……。
出会うことのない二人の出逢い。運命の歯車が、いま動き出す

映画『君の名は。』公式サイト


「カラダが入れ替わる」というと、ベタな感じや、先の展開をイメージできそうな感じがしますが、そんな予想はいい意味で裏切ってくれます。

 

産みの親はあの新海誠監督

f:id:mowmow18:20160914131838j:plain
新海誠 - Wikipedia


1973年生まれ、長野県出身。2002年、個人で制作した短編作品「ほしのこえ」でデビュー。同作品は、新世紀東京国際アニメフェア21「公募部門優秀賞」をはじめ多数の賞を受賞。2004年公開の初の長編映画『雲のむこう、約束の場所』では、その年の名だたる大作をおさえ、第59回毎日映画コンクール「アニメーション映画賞」を受賞。2007年公開の『秒速5センチメートル』で、アジアパシフィック映画祭「最優秀アニメ賞」、イタリアのフューチャーフィルム映画祭で「ランチア・プラチナグランプリ」を受賞。

2011年に全国公開された『星を追う子ども』では、これまでとは違う新たな作品世界を展開、第八回中国国際動漫節「金猴賞」優秀賞受賞。2012年、内閣官房国家戦略室より「世界で活躍し『日本』を発信する日本人」として感謝状を受賞。2013年に公開された『言の葉の庭』では、自身最大のヒットを記録。ドイツのシュトゥットガルト国際アニメーション映画祭にて長編アニメーション部門のグランプリを受賞した。同年、信毎選賞受賞。次世代の監督として、国内外で高い評価と支持を受けている
 

映画『君の名は。』公式サイト


これを読んだとき、秒速5センチメートルの人か!!!と声を上げてしまった。作品は覚えているのだけど監督さんとかに疎いもんであまり知らんかった。失礼。

 

観た感想


つらつらと僕なりの観た感想を書いていきます〜!
 

映像が綺麗すぎ

f:id:mowmow18:20160914134538j:plain

kiminona.com

まずはこれ。映像がホントに綺麗だった。今までもいろんなアニメーション映画を観てきたのだけどその中でも際立って綺麗だったなあ。自然の風景とか、建物とか石垣とか看板とか、細かいところまでしっかり描きこんであったというか、素人目から見ても「すげえ」ってなった。

この映像の綺麗さだけでも、もう一度観たいと思うし、DVDが出たら家で観てちょいちょい停止しながらそのアニメーションのクオリティを楽しもうと思うくらいのものだった。

 

考えさせられるテーマ

f:id:mowmow18:20160914134503j:plain

kiminona.com

公式サイトの「ストーリー」にも記載がありますが、この映画は都会に住む男子高校生と、田舎に住む女子高校生のカラダがある日突然入れ替わったことにより展開されていきます。

都会の子は田舎から感じるものがあり、田舎の子は憧れであった都会から感じるものがあって、なんだかそこに「上京」や「地方移住」について考えさせられました。

田舎には人の温かさや、町の中での深い人間関係、壮大な自然がある一方で、狭いコミュニティによる問題や古くからの伝統を煙たがる若者たちなんかもいたりして、良し悪しがあるわけです。

都会に関してもそう。便利さやオシャレさがあるのと同時に、表面的な人間関係やどこか寂しく冷たい一面もあって。

そんな地方に住むことと都会に住むことの、どちらの魅力も描かれていて「都会に憧れる地方の子」と「田舎に住んでみたい都会っ子」のどちらの気持ちも汲み取れた気がした。地方創生の動きが強い今のこの時代だからこそあえてこのテーマを扱ったのかな? とかとか考えさせられました。考えすぎ?←

  

伏線の回収が気持ちいい

f:id:mowmow18:20160914134847p:plain

kiminona.com

もうコレは最高だった。序盤〜中盤で用意されていた伏線がひとつずつ回収されていく感じ。「おお!そうゆうことだったのね!」と分かるたびに鳥肌が立ちました。

伏線だと思っていなかったモノも後から「あれが関係してたのか!」と気づかされ、何度も観たくなる作品。素晴らしい。

 

神木隆之介の声がめっちゃいい

f:id:mowmow18:20160914134747j:plain

kiminona.com

これはよかった。男子高校生の立花瀧の声は神木隆之介くんが演じているのですが、声がとても良い。深みのある落ち着いたトーンなんだけど、どこか大人になりきれない子どもっぽさみたいなものが残っていて、キャラ設定とマッチしていて大好きな感じでした。

 

RADの挿入歌が最高

f:id:mowmow18:20160914135038j:plain

realsound.jp

これを思った方は多かったのではないでしょうか。劇中にRADWIMPSのボーカル曲が4曲ほど流れるのですが、彼らの音楽がこの映画の魅力をグッと引き上げています。そしてそのすべてがラブソング。

なにより曲のかかるタイミングがこれ以上ないってくらいにベスト。神がかっています。なんでも監督とプロデューサーから依頼を受けて、映画のあらすじやイメージをもとに、この映画のためにボーカル曲を4曲と、劇中曲を22曲作ったそう。すごい。

前前前世が流れたときに「ああもう最高、、」と鳥肌が立ったよね。

 

鑑賞後のスッキリ感

f:id:mowmow18:20160914134913j:plain

kiminona.com

観たあと劇場から出るときのスッキリ感はたまらんかった。もう「この良さ今すぐ誰かに伝えたい」状態。あの人にもあの人にも見せてやりたい!見てほしい!そんな気持ちになった。

おそらく僕のような人たちがSNSで「めっちゃよかった!」と投稿し、拡散され、3週目にして累計興行収入が62億円を突破するという爆発的人気に繋がったのかもしれない。

  

RADWIMPS 挿入歌と動画


「君の名は。」にて流れたRADWIMPSのボーカル曲の曲名リスト

  1. 前前前世(movie ver.)
  2. スパークル(movie ver.)
  3. 夢灯籠
  4. なんでもないや(movie ver.)


前前前世とスパークルに関しては動画があったので載せておきます。

www.youtube.com

www.youtube.com

 

アルバム「君の名は。」


なんとボーカル曲4曲と劇中曲22曲が収録された「君の名は。」というアルバムもあるみたいです。


<CD収録曲>

1. 夢灯籠
2. 三葉の通学
3. 糸守高校
4. はじめての、東京
5. 憧れカフェ
6. 奥寺先輩のテーマ
7. ふたりの異変
8. 前前前世 (movie ver.) 
9. 御神体
10. デート
11. 秋祭り
12. 記憶を呼び起こす瀧
13. 飛騨探訪
14. 消えた町
15. 図書館
16. 旅館の夜
17. 御神体へ再び
18. 口噛み酒トリップ
19. 作戦会議
20. 町長説得
21. 三葉のテーマ
22. 見えないふたり
23. かたわれ時
24. スパークル (movie ver.) 
25. デート2
26. なんでもないや (movie edit) 
27. なんでもないや (movie ver.) 

amazon.co.jp

 

まとめ

f:id:mowmow18:20160914135509j:plain

ohrmsk.hateblo.jp

「みんな良いって騒いでるけど、ホントかな?」と疑っていたぼくは、実際に映画を観て、見事に納得させられた。やはり人気の映画には人気の理由がちゃんとあるんだな、と。

この記事はぼくの価値観バリバリで書いているのでまた違った意見もあると思いますが、個人的な感想としてはこんな感じ。

ぜひ一度、劇場で観てみてください。 


 RADWIMPSの主題歌入り予告動画↓

www.youtube.com