読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はなうた横丁

 ふらっとゆる〜く息抜きに。

伝える力を身につけろ!アウトプットの意味とその重要性。

LIFE LIFE-考えたこと

 人気記事

  ✔ 【グッドポイント診断】ビビるくらい当たる長所診断があるらしいのでやってみた

 理想の高い人が彼氏(彼女)ができない本当の理由

 Amazonプライム会員のメリットがやばすぎて吹いたので紹介する


スポンサーリンク

   
f:id:mowmow18:20160403205608j:image
 
最近ブログを書いていて感じるのが、
アウトプットの重要性。
 
アウトプット。つまり外側に発信すること
どんなメリットがあるのだろうか。
 
そんなことを考えたので書いていこうと思います。
 


アウトプットとは?

 
まず、アウトプットとはなんだろう?
意味を調べてみました。
 
アウトプット: 内部に入っているものを外に出すこと。特にコンピューターデータ外部取り出すこと。出力
 
うんうん。
つまりインプットしたことを外側に発信すること
ですね。
 
そしてこの「発信すること」によって
様々なメリットがあります。
 
 

アウトプットの重要性

 
3つほど挙げていきます〜!

 

1. より深く理解できる

f:id:mowmow18:20160403205547j:image
 
まず、人は発信するときに
必ずといっていいほど自分のフィルターを通します。
 
たとえば本を読んで得た知識を人に話すとき、
一度「自分」というフィルターを通してから
コトバとして外側に発信します。
 
図で書くとこんな感じ。
 
f:id:mowmow18:20160403194657j:image
 
大事なのは
一度自分というフィルターを通すこと。
その過程で人は「理解」というものをします。
 
人になにかを伝えたり教えたりするとき、
自分がまず理解していないと伝えられないんです。
 
だからアウトプットしようとするなかで
人はそのコトを理解しようとするんですね。
 
 
そして人は、インプットしたことを
24時間たつと7割以上忘れてしまいます。
 
逆にそれをアウトプットすることで
理解し、自分のものにできます
 
 
だから勉強やセミナーなんかでも
教わるより教えるほうが成長したりするんですよね。
 
 
 

2. 伝える力がつく

f:id:mowmow18:20160403205443j:image
 
人は基本的に自分に興味のあることしか
耳に入ってこないんですね。
 
興味のないことは、聞いてはいるけど
情報としてキャッチされません。
 
相手にもフィルターがあるんです
 
f:id:mowmow18:20160403201339j:image
 
こんな感じ。
相手のフィルターを通らないことには
しっかりと伝わらない。
 
なので人になにかを上手く伝えるには
相手の興味を引く必要があるんです。
 
だからブログにはタイトルの選定があったり
導入の文章があったりするんですよね。
 
 
たとえば
大雑把な人に理論立てて伝えても入りませんし、
論理的な人に大まかに伝えても相手には疑問が残ります。
 
伝える内容が同じでも、
相手によって、こっちが伝え方を変えることで
伝わりかたが全然ちがうんですね。
 
 
相手のフィルターが四角なら情報を四角にして。
星型なら情報を星型に変えてあげて伝える。
 
ようするに
伝える側の人によって情報の価値が
上がったり下がったりします。
 
 
 

3. 自分の中で整理ができる

f:id:mowmow18:20160403205411j:image
 
人は毎日ものすごい量のインプットをしています。
 
見たり聞いたり触れたり感じたりして、
生きているだけで五感からいろんなことを
インプットしているんですよね。
 
それを外側にアウトプットしないと
自分のなかに溜まっていきます
 
f:id:mowmow18:20160403203437j:image
 
食べたものを排泄しなければ
自分のなかに溜まっていって淀んでいくのと同じで
脳内もデトックスみたいなものが必要なんですよね。
 
どんどん外側に出していかないと
それは上手く消化されずに終わっちゃうんです。
 
理解せずにほったらかした情報たちは
整理されず、自分のモノにもならず、
忘れて流れていってしまいます。
 
それってすごくもったいないと思うんです。
 
 

 

アウトプットしていこう

f:id:mowmow18:20160403204756j:image
 
そう考えるとアウトプットって大事ですよね。
 
毎日いろんなことを感じていると思うんです。
嬉しいこと、楽しいこと、嫌なこと、悲しいこと。
 
そんな受けとった感情たちの声って
自分にしか聞こえていないんですよね。
 
自分の日々の心の動きを言語化して
外側に発信できるのって自分だけなんです。
 
 
そして僕が見ているかぎり、
インプットしっぱなしの人が多い傾向にあるなあ
とおもいます。
 
これってすごくもったいなくて、
発信することでそのコトが誰かの価値になったり
するんですよね。
 
このブログだってそう。
ぼくがアウトプットしなければ
そもそもコイツは存在しないわけで、
ぼくがもっている情報や価値観や感じたことが
誰かの役に立つこともないんですよね。
 
 
 

消えた感情たちの声を聞く

f:id:mowmow18:20160403205055j:image
 
あなたが日々感じていることを、
誰かに伝えてきただろうか。
 
まったく外側に発信をしない人を見て
こんなことを思うことがあります。
 
つまりなにが言いたいのかというと、
自分の気持ちを誰かが代わりに発信してくれる
なんてことはなくて、
 
こればっかりは自分が発信しないといけない。
 
そして、
発信していくことを反復してやっていくこと
伝える力は身についていきます。
 
だから手段はなんでもいいんだけど
どんどんアウトプットしていこうよって。
 
日々いろんなことを悩んで考えて感じている
あなたの毎日にはとっても価値があるんですよ。
って。
 
そんなことを伝えたいわけです。