読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はなうた横丁

 ふらっとゆる〜く息抜きに。

寂しい気持ちを解消するための3つの方法。

LIFE LIFE-ためになること LIFE-考えたこと

 人気記事

  ✔ 【グッドポイント診断】ビビるくらい当たる長所診断があるらしいのでやってみた

 理想の高い人が彼氏(彼女)ができない本当の理由

 Amazonプライム会員のメリットがやばすぎて吹いたので紹介する


スポンサーリンク

   
f:id:mowmow18:20160402023300j:image
 
寂しいとき、ありますよね。
 
恋愛や仕事や地元などもそうですが
別れ」というものは寂しいものです。
 
それとは関係なく、
理由もないのに寂しさを感じたりする夜もあります。
 
そんなとき、寂しさを解消する方法を知っていたら
なにかと役立つなあと思ったので書いていきます。
 

寂しさを解消する方法

 
3つあります。いきますよ〜!
  

1. 感謝をする

f:id:mowmow18:20160402024310j:image
 
感謝をしましょう。
小さいことから大きなことまで。
 
あたたかい布団、安全な飲み水があること、
おはようが言える人がいること、おいしいゴハン、
誰かが作ってくれた住まい、日本に生まれたこと、
 
毎日自分のために叱ってくれる上司、
働ける場所があること、お金がもらえること、
いつも気にかけてくれる友達、楽しい時間、
育ててくれた親、生かしてくれている環境。
 
 
感謝」は負の気持ちをプラスに変えてくれます。
 
寂しいなあっていう夜は感謝をしてみると
普段見落としてる「小さな幸せ」みたいなものを
噛みしめることができて
 
なんだ、自分って幸せじゃん。って思えたりします。
 

2. 未来から今を見る

f:id:mowmow18:20160402024035j:image
 
たとえば恋人と別れてしまったとき
寂しくてどうしようもなくなりますよね。
 
そんなときには、未来から今を見てみます
 
まず、
自分がおじいちゃん(おばあちゃん)になって
老後の生活を送っているイメージをします。
もう孫もいて、仕事も終えて、のんびり暮らしている。
 
そんな(老後の)自分から、今の自分を見るんです。
 
 
すると
なんでこんなに小さいことで悩んでるんだろう
ぐだぐだ引きずらないで次の恋愛をすればいいのに
若いってだけで幸せなんだから精いっぱい青春しなさい
 
そんなことを思うわけです。
 
 
おばあちゃんたちにとっては
若いってだけでとても素晴らしくて、
健康に元気に動き回れるってだけで羨ましくて、
そんなあの頃に戻りたくても戻れない。
 
今過ごしている「時間」が、
かけがえのないものなんだなって再確認できます。
自分を客観視できて、寂しさも自然と薄れてきます。
 
これをぼくは「あの頃思考」と呼んでいます(笑)
 

3. そんな自分も自分だと知る

f:id:mowmow18:20160402023351j:image
 
寂しさを感じている自分はイヤかもしれません。
そんな弱い自分にはなりたくないのかもしれません。
なかなか受け入れられないかもしれません。
 
しかし
寂しくてどうしようもなくなっちゃってる自分も、
「自分」だということ。
 
そんな弱いあなたもあなたであって、
あなたを構成している大事な要素であること。
 
それを知ると力が抜けたようにラクになります。
 
 
無駄なものなんてないんですよね。
悩んで苦しんだ夜はかならず肥料になって
あなたの魅力につながっていきます。
 
それが、今後だれかを救ったりします。
 
無駄じゃないんです。
 
弱い自分も認めて受け入れてあげましょう。
弱くていいんだ」そう思えた瞬間から
人は強くなります。
 

まとめ

f:id:mowmow18:20160402024629j:image
 
ぼくも最近、寂しい夜がありました。
大好きだった人たちとの別れがありました。
 
そんな夜があったから
今こうやってこの記事が書けていて、
コイツがだれかを救うかもしれないんです。
 
こうやって寂しさは人を成長させながら
ゆっくり循環していくのかもしれません。
 
そんな夜も、愛せたらいいですね。
 

 
「あの夜があったから」
いつかそう言える日がきますように。
 
良い夜を。