読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はなうた横丁

 ふらっとゆる〜く息抜きに。

人間らしく生きるには「好き」を追求すること。

LIFE LIFE-考えたこと

 人気記事

  ✔ 【グッドポイント診断】ビビるくらい当たる長所診断があるらしいのでやってみた

 理想の高い人が彼氏(彼女)ができない本当の理由

 Amazonプライム会員のメリットがやばすぎて吹いたので紹介する


スポンサーリンク

   
f:id:mowmow18:20160316182938p:image
 
人が人間らしく生きるにはどうしたらいいんだろう?
そんなことを考える。
 
なんとなく出た答えが腑に落ちたので
書いていこうとおもう。
 
 

忘れがちな感情

f:id:mowmow18:20160316182639j:image
 
ぼくらは普段なんとなく
同じルーティーンで生活していて、
社会人にもなってくると日々の生活が作業化してきて
 
なんというか「変化」が減る。
 
自分で求めにいかないかぎり
新しい刺激ってやつも現れなかったりする。
 
そしてそうゆう毎日を過ごしていると、
自分のなかに生まれる " 小さな感情 " を
忘れてしまったりする。かつての僕がこれだった。
 
 

小さな感情を拾っていく

f:id:mowmow18:20160316182537j:plain

 

たとえば日常を過ごしていて
あ、なんかいいな。好きだな。
って感じることってあると思う。
 
たとえば僕なんかは
夏の朝のあの気持ちいい涼しさとか、そんな中チャリを漕でいるときの " なんだか今日も楽しくなりそうな予感 " が好きだったし、高校生のころ部活帰りに精肉店のおばちゃんからメンチカツを買うのが好きだった。
 
 
こうゆうときに生まれる小さな感情って
日常のなかに埋もれて見落としがちだとおもうんだけど、人間らしく生きていくためにすごく重要なものなのかもしれないって感じたんだよね。
 
 
 
 

人間らしさは「感情」の中に凝縮されている

f:id:mowmow18:20160316182437j:image
 
人には喜怒哀楽では収まらないほど
たくさんの感情ってやつがある。
 
イライラした、寂しかった、悔しかった、
嬉しかった、ワクワクした、にやにやした。
 
そうゆうものの中に
人間らしさはあるとおもっていて、
たとえばロボットなんかにコレはない。
 
この感情ってのは
人間のもつ素晴らしい機能なんだよね。
 
 
1日のテンションが変わったり、
起きた出来事にたいして自分が影響を受けるのも
この感情のせい。いや、おかげかな?
 
つまり感情のなかに人間らしさがあって。
 
そのなかでも僕がとくに最高だとおもうものが
好き」という感情なんだ。
 
 
 
 

「好き」を追求してみる

f:id:mowmow18:20160316182406j:image
 
人間らしさって感情のなかに詰まっているのかも!
とおもった学生のころのある日の僕は、
 
日常の " 小さな良い感情 " を拾ってみることにした。
 
 
  • 朝早起きしてゆっくりコーヒーを飲むあの心の落ち着きみたいなものが好き
  • 秋の淡い空と枯れ葉の切なさも好き
  • 夏の夜に遠くのほうでお祭りの音が聞こえてきて、アッチのほう楽しそうだな〜ってなる感じも好き
  • 深夜みんなが寝静まったあとに観る映画も好き
  • 夢を語るときの友達のイキイキ感も好き
  • 路地裏とかを歩いてたまたまいい感じのお店を見つけたときの小さなハッピーも好き
 
 
こうやって拾ってみると
小さな良い感情って案外たくさんあったんだよね。
気付いてないだけで。忘れちゃってるだけで。
 
こうゆう「なんとなく好き」な感情って
普段どうしても流してしまいがち。
留めておかないというか。もったいないなぁって。
 
 
 
 

なんとなくを大切にする

 f:id:mowmow18:20160316182313j:image
 
なんでこれらが好きなのかと言われると
なんとなく良いと思うから。でしかないんだよね。
 
このなんとなくってのが大事で、
これは子どものころに持っていた感覚
似てるな〜って。
 
 
小さい頃はよく「虫捕りにいこう!」とか
「サッカーしにいこう!」とか「泥だんご作ろう!」
とかそんなことにハマってワクワクしていたんだよね。
 
でも、そこに理由はなかった
なんとなく楽しそうだから。
なんとなくワクワクするから。
 
そんな感覚の裏側には実はいろんな
幸せの素みたいなものが隠れているとおもうんだ。
 
 
だから「好き」と感じた瞬間や
そのときの感情や心の声をちゃんと拾ってあげて
 
" 自分の心が喜ぶこと " に
たくさんの時間を使ってあげる。
 
それがルーティーンのなかで忘れてしまった
人間らしさを思い出す第一歩なのかなって。
 
 
 
 

人として " 生きる " ということ。

 f:id:mowmow18:20160316181928j:image
 
大人になるとどうしても
社会の目やら世間体やら友達との収入の差やら
劣等感やらいろんなことを気にしだすんだよね。
 
それはたぶん外側に目が向いてるからで。
 
 
外側ばっかり見て、自分と比べて、
そのなかで少しでも上のランクにいけるように頑張る。
それはもちろん良いことだとはおもうんだけど、
これだと幸せにはなれない
 
幸せは外側にはないから。
幸せを感じるのは自分だから。
内側にあるモノなんだよね。
 
 
子どもの頃のように
自分の楽しいとおもうことをして、
自分がワクワクすることばかり見て、
それ以外のことはやらないで、(勉強とか)
オレなんでもできるよ。と言わんばかりに
目がキラキラしている。
 
そのくらい「好き」に素直になって
いいんじゃないかと思う。
 
f:id:mowmow18:20160316182012j:image
 
やるべきことや仕事やタスクを一回手放して
自分の感覚に素直に、
「好き」と感じることを追求していく。
 
好きなことに大切な時間を使っていく。
 
手放すのってこわいんだ。
でも大丈夫。案外なんとかなるから。
 
 
「なんとなく好き」ばっかりしていく。
 
 
好きで埋め尽くして、にやにやしていこうよ。
 
人として " 生きる " って、
そのくらいシンプルなことなんだと思うな。
 
これが僕の答え。
 
 
 
 
《 僕のバイブル的な本 》