読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はなうた横丁

 ふらっとゆる〜く息抜きに。

【宮古島へ一人旅!】 2日目(前浜ビーチ〜来間島〜砂山ビーチ〜池間島〜新城海岸〜おすすめ夕日スポット〜星空とサガリバナ)


 人気記事

  ✔ 【グッドポイント診断】ビビるくらい当たる長所診断があるらしいのでやってみた

 理想の高い人が彼氏(彼女)ができない本当の理由

 Amazonプライム会員のメリットがやばすぎて吹いたので紹介する


スポンサーリンク

   

f:id:mowmow18:20160130021842j:plain

 

 

さて、楽しい宮古島一人旅も2日目である。

 

 

1日目を見逃した方はこちら ↓

 

 
 
朝8時に華麗に起床し、
レンタルバイクを借りて気持ちよく走らせる。
朝の宮古島は涼しくて最高だ。
 
 

 

前浜ビーチ

f:id:mowmow18:20160130031245j:plain

前浜ビーチにきた。
日本のベストビーチトップ10にて
第1位に輝いたという噂のビーチである。
 
このビーチにくるために宮古島を選んだと言っても
過言ではない。
 

f:id:mowmow18:20160130030732j:plain

綺麗すぎて息を呑んだ。
海がちゃんと青かった。
エメラルドグリーンってこれか。ってなった。
 
奥に見えるのは来間大橋。
宮古島と来間島との架け橋である。
 

f:id:mowmow18:20160130030800j:plain

朝なので人も少ない。
湘南と伊豆の海しか見たことのなかった僕は
いきなり上級ステージに挑戦したよう感じだった。
 

f:id:mowmow18:20160130030931j:plain

透きとおっているのが分かるだろうか。
圧倒されている。
 

f:id:mowmow18:20160130031001j:plain

砂浜がとにかく綺麗だった。 
 

f:id:mowmow18:20160130031146j:plain

波の跡がアートのよう。

f:id:mowmow18:20160130031202j:plain

一面白砂で天国のようだ。ここでオリオンビールをグイッといきたかったがバイクだったのでやめておいた。(真面目)

f:id:mowmow18:20160130031324j:plain

このポーズはやってしまう。
前浜ビーチにきたらこのポーズはやってしまう。
ウソだとおもってる人、行ってみてください。
このポーズはやってしまう。
 
前浜ビーチは予想を超えてきた。
 
 
 

宮古島周辺の島

f:id:mowmow18:20160130025845g:plain

引用元:miyakonavi.sakura.ne.jp

宮古島の周りにはいくつか島があるのだ。
豆知識として覚えておこう。

島の北西には池間島があり、北には大神島がある。

また、島の西には伊良部島下地島が、南西には来間島が浮かんでいる。

池間島及び来間島とは、橋で結ばれている(池間大橋1,425m、来間大橋1,690m)。

また、2015年1月31日に伊良部島と宮古島を結ぶ伊良部大橋 (3,540m) が開通した。  

 出典:宮古島 - Wikipedia

 
メインとしては池間島来間島
どちらも橋が架かっていて、車で渡っていける。
 
そして景色が綺麗だと有名な伊良部島
こちらは今では大橋が開通しているが
ぼくの訪れたこのときはまだ開通前だったため
フェリーにて行くのだ。
 

 

 

来間島

f:id:mowmow18:20160130021959j:plain

バイクで変なトコロにきた。
おもしろそうな道がある。。
 
そこを抜けると来間大橋がドーンと。
 

f:id:mowmow18:20160130022113j:plain

すげえ。びっくらこいた。

 

この来間大橋を渡る。

f:id:mowmow18:20160130022304j:plain

ここをバイクで滑走する気持ちよさが伝わるだろうか。
BGMはケツメイシのLOVE LOVE SUMMERだ。 

f:id:mowmow18:20160130022236j:plain

橋からの景色。

f:id:mowmow18:20160130022433j:plain

透きとおっている。途中から感覚が鈍ってきて、海ってもんは透きとおっているのが普通なのかと思えてくる。

f:id:mowmow18:20160130022550j:plain

 

そんなこんなで来間島に到着。

f:id:mowmow18:20160130022616j:plain

なんだか古びた建物がたくさんあった。
探検みたいで楽しい。

f:id:mowmow18:20160130022652j:plain

「もっと宮古、ずっと宮古。」
ちょっと何言ってるかわかんなかった。

f:id:mowmow18:20160130031554j:plain

来間小中学校。
広場だけで校舎がなかった。青空教室?
 

f:id:mowmow18:20160130022728j:plain

いぬがいた。ベスと名付けた。
前足を出すポーズをしてきた。
しかもずっとしている。
 
待てのポーズなのか、エサがほしいのか。
わからないのでとりあえずムツゴロウの
わしゃわしゃをやってあげたら満足そうだったので
そうゆうことなんだと思う。どうゆうことだ。

 

 
ゲストハウスに帰り、
昨日BARで仲良くなった人たちと合流して
島を案内してもらえることに。
 

 

 

砂山ビーチ

f:id:mowmow18:20160130022822j:plain

ここも有名なビーチである。
この砂山を下っていくと、、

f:id:mowmow18:20160130022803j:plain

ビーチがある。綺麗。。

f:id:mowmow18:20160130022838j:plain

トンネルのようなものがあった。
岩でできたでっかいトンネル。
迫力がすごかった。
天然の岩のアーチってやつだ。

f:id:mowmow18:20160130022909j:plain

ジャンプはしてしまう。
砂山ビーチにきたらジャンプはしてしまう。

f:id:mowmow18:20160130023015j:plain

ここに住みたい。。

f:id:mowmow18:20160130023129j:plain

飲めそうなくらい綺麗だ。

f:id:mowmow18:20160130023156j:plain

子どもがたくさん遊んでいた。
浅くて安全なビーチなんだとおもう。

f:id:mowmow18:20160130023215j:plain

ここでしばらく遊び、
ぼくらは砂山ビーチを後にした。

 

 

 

池間島

 
次に向かうは池間島。
 

こちらも池間大橋とやらを渡る。

f:id:mowmow18:20160130023334j:plain

この写真も実写だ。拾ってきた画像ではない。
そして無加工だ。橋の力強さが美しい。


ここでは初シュノーケルをした。
シュノーケルセットもゲストハウスで借りて
やり方も全部教えてもらった。
こうゆうの、ツアーとかで組むと高いんだろうなあ。
 

からの展望台で撮影。顔が黒い。

f:id:mowmow18:20160130023423j:plain

 さすがの展望台。

f:id:mowmow18:20160130023354j:plain

見晴らしがよかった。

f:id:mowmow18:20160130023459j:plain

なんかもう青ってどれだっけ?ってなる。

 

 

 

新城海岸

 
次にいったのが新城海岸。
 
完全にシュノーケルの虜になった僕らは
ここでもシュノーケリングに没頭する。
 
サンゴが鮮やかでやばいんだ。
ずっと見てられるくらい綺麗。
バラサンゴも見れた。
見たことのない魚もたくさんいた。ニモとかもいた。
海によって全然景色が違うから面白い。

f:id:mowmow18:20160130023537j:plain

この頃はガリガリだったなあ。恥ずかしい。
 
サンゴは少し毒があったりするらしく
念のため長そでのスーツみたいのを着る。
そんなことを知らなかったぼくは素肌である。
先に言っておくれよ。毒 vs 素肌である。
 
途中すこしサンゴに擦って傷ができた。
死を覚悟した。しかしまったく何事もなかった。
ぼくがアイアンマン並みの免疫力があるのか
とおもったが、サンゴの毒はそもそも弱いらしい。
先に言っておくれよ。
 
ひどくてもすこし痺れるくらいだとか。
そしてサンゴの毒にはお酢をかけるといいらしい。
 

f:id:mowmow18:20160130023557j:plain

お休み処。 

f:id:mowmow18:20160130023619j:plain

宮古ソバみたいなやつ。うまかった。 

 

どんどん日が暮れていく。
遊んでるとほんとに時間が経つのが早い。

子供みたいに はしゃいだ僕らは
夕日を見に来間島へ!

 

 

 

来間島の夕日

 
どうやら来間島に夕日の絶景スポットがあるらしい。
一日にこんなに複数の島を移動するのは初めてだ。
 

f:id:mowmow18:20160130023715j:plain

だんだん日も暮れてきた。

f:id:mowmow18:20160130024021j:plain

くねくねと草の茂みを抜けていく。
なんだか絶景スポット感がしてきた。

f:id:mowmow18:20160130024204j:plain

そして茂みを抜け切ったらこの景色。

う、うおお。。

f:id:mowmow18:20160130024234j:plain

神々しい。。

f:id:mowmow18:20160130024403j:plain

みんなで砂浜で夕日を見ながら黄昏る。
こうゆうとき、いろんなことを考える。
ふだん山手線に乗っていては絶対に考えないこと。
心が喜んでいるのを感じる。

f:id:mowmow18:20160130024728j:plain

ありきたりの言葉だけど、

こんなに綺麗な夕日は初めてみた。 

f:id:mowmow18:20160130024517j:plain

今日はいい日だったな。
明日もきっといい日になる。
人生はたぶんこの連続で
いつだって美しいんだよきっと。

f:id:mowmow18:20160130024629j:plain

夕日をみながら、何人かの顔が浮かんできた。
大切なひとたちの顔。たぶんそんな人たちって
自分にとってなくてはならない存在なんだろうなあ。
 
会いたいなって。これを見せたいなって。
みんなは今どこでなにしてるんだろう。
ありがとー。って伝えたいなって。
 
そんなことを思った。
 
 
うん、来てよかったな。
子どもの頃を思い出すような懐かしい感覚があった。
 

 

 

 
雄大な海や自然や夕日、
そして人の温かさに触れて
バッサバッサと感性を揺さぶられた僕は
すこし一人になりたかった。
 
今のこの考えたこと、感じたことをノートに
すぐ書き留めないと忘れちゃいそうだった。
忘れちゃだめなくらい大事なことだった。

f:id:mowmow18:20160130024824j:plain

てことでおしゃれなお店に入った。 

f:id:mowmow18:20160130024910j:plain

パスタと海鮮。お魚たちが絶品だった。
とても良い自分時間が過ごせた。
 
 

 

星空を見にいこう

 
この日の夜もまたBARで飲んでいた。
 
そこで仲良くなったひとが宮古島にとても詳しく、
星が綺麗に見えるところを案内してくれるという。
 
だれか一緒にいく人〜!と呼びかけたら
すぐに5人くらい集まった。さすがである。
 
 
サガリバナ
 
サガリバナという花があるらしく
どうやらなかなか見られないみたいで
星空の前にそれを見にいこう!となった。
 

サガリバナBarringtonia racemosa)はサガリバナ科の常緑高木東南アジア一帯の熱帯亜熱帯に分布し、日本では南西諸島奄美大島以南)に自生する。花が美しいので栽培もされる。総状花序が垂れ下がり、花は横向きにつく。花は夏から秋にかけて夜間に開き、芳香を放つ。

出典:サガリバナ - Wikipedia

 
夜の森を進む。
サガリバナは匂いがあるらしい。
「匂いでわかるよ」と言っていた意味が
すぐにわかった。いい香りがしたからだ。
 

f:id:mowmow18:20160130024953j:plain

見つけた。

f:id:mowmow18:20160130025011j:plain

下に垂れ下がるように咲いている。可憐だ。
暗闇のなかで光っているのかと思うほど
発色のいい白色だった。しばらく見惚れていた。
 
 
 
 
 
星空
 
星空スポットにいき、みんなで寝転がる。

f:id:mowmow18:20160130025027j:plain

道路に寝転がって星をみるなんて
何年ぶりだろう? まちがいなく青春だった。

そしてぼくは
こんなに綺麗な星空をはじめて見た。
黒い部分のほうがすくないくらいに
星が空を埋め尽くしていた。
 
天の川があんなにくっきり見えるとはおもわなかった。流れ星だらけで、絶えず星が流れていた。
 
 
 
 
ここで、
一緒に星をみていた名古屋からきた夫婦と
とても仲良くなった。
 
旦那さんとはここには書けないような馬鹿な話で盛り上がり、奥さんは「可愛い」といって僕のことを気に入ってくれた。
 
翌日である3日目、一緒に行動することになる。 
 
 
 
 
3日目に続く。↓

 
 
 1日目を見逃した方はこちら ↓ 

 

 

旅行」で宮古島にいくなら楽天トラベルがオススメ。

航空券も泊まりたい好きなホテルもレンタカーも
まとめて予約できる。もちろんゲストハウスの予約も可能。
 
 
一人旅」で航空券だけ安く取りたいなら サンクスツアー が一番良い。LCCも含めた14社の航空会社の中から 最安値を検索できる。
 
 

 

ガイドブックはコチラ ↓