読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はなうた横丁

 ふらっとゆる〜く息抜きに。

青春とは無責任のことである。

LIFE LIFE-考えたこと

 人気記事

  ✔ 【グッドポイント診断】ビビるくらい当たる長所診断があるらしいのでやってみた

 理想の高い人が彼氏(彼女)ができない本当の理由

 Amazonプライム会員のメリットがやばすぎて吹いたので紹介する


スポンサーリンク

   

f:id:mowmow18:20160121211318j:plain

 
 
 

「青春」とは「無責任」のことである。

 

 

 
 
どこかで誰かが言っていた。
たしかみうらじゅんあたりだったか。
 
 
なんだかすごく腑に落ちて、
無責任でいたいなって思った。
 
 
大人になるにつれて、責任がつきまとう。
 
 
つまり、いろんな人の人生を背負ったり
その手助けをする役割を担ったりする。
 
 
仕事でもプライベートでも。
 
 
それは年齢を重ね、経験を重ね、
できることが増えたが故のことかと思う。
 
子どもには任せられないもの。
  
この「責任」というものは難しくて、
嬉しい反面、自由度が減る感覚もある。
 
 

大人になるということは大変だ。 

f:id:mowmow18:20160121204906j:image
 
この大変をクリアするべきなのか
そうじゃないのかも疑問だったりする。
 
 
たぶん、世間はクリアしろという。
 
 
しかし
子供の頃の「なんでもできちゃう」感覚は
無責任の中に宿る気がする。
 
 
おそらくそれは
 

怖さもなにも『知らないから』だ。

f:id:mowmow18:20160121204946j:image
 
大人になるにつれていろいろなことに挑戦し
上手くいくこともあれば失敗することもあって 
 
この失敗を

誰もが「もう繰り返したくない」と思う。

 

 

失敗の怖さを知る。

 

 

すると徐々に失敗が相手に与える影響や

OKなラインとダメなラインを知っていき

「怖さ」を管理する能力が身につく。

 

 

相手方(お客様)がいる「仕事」というものには

失敗は良いものではないために、

 

この " ライン " を知っていて

「怖さ」を管理できる能力のある人に仕事をまかせる。

  

 

つまり「大人」というやつにだ。

f:id:mowmow18:20160121205336j:image

 

相手方が存在する「仕事」には

どうしても「責任」がつきまとう。

 

 

ということは社会にでたらこいつは必ずついてくる。

 

だから大人は「責任」を背負う。

 

でも、相手方がいる以上それは必要なことかと思う。

 

 

しかし『遊び』というものにおいて

責任は必要ないんじゃないかと思う。

 

学生時代が青春と呼ばれるのはこれだ。

 

 

 

遊びには責任がない。

 

f:id:mowmow18:20160121205436j:image

 

これをやったらどうなるの?

こんなことしたいけどどう?

 

 

に対して

「でもそれ、責任とれるの?」

この質問はタブーだ。 

 

責任なんて気にしてたら

オモシロイことは生まれない。

 

強烈にその後の記憶に残るような

ぶっ飛んだことはできない。

 

 

大人になると、

 

この『遊び』にすらブレーキをかける人がいる。

 

f:id:mowmow18:20160121205900j:image

 

いろんなことを経験したが故の

「怖さ」を管理する能力のそれだ。

 

人間の脳はスーパーコンピューターである。

危機回避能力や失敗をくり返さないように

修正する力はすごい。

 

でもそれがブレーキになっちゃうこともあったりして

もったいないなあ。なんて思う。

 

 

失敗もハプニングも全部

あとになって笑い話になるんだから

羽目を外しちゃったほうが良いときもある。

 

使い分け、なのかもね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「青春」とは「無責任」のことである。

 

 

 

 

 

 

 

 

ずっと青春していたいなあ。ってずっと言ってる。

 

 

「責任」の苦味も、「無責任」の甘みも、

 

どちらの良さも知って

どちらも美味しいとおもえるのが「大人」だと。

 

そんな着地点でよろしいでしょうか?

  

f:id:mowmow18:20160121210533j:image