読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はなうた横丁

 ふらっとゆる〜く息抜きに。

自然体でいられる人の魅力とその方法。「ニュートラル」な状態でいること。


 人気記事

  ✔ 【グッドポイント診断】ビビるくらい当たる長所診断があるらしいのでやってみた

 理想の高い人が彼氏(彼女)ができない本当の理由

 Amazonプライム会員のメリットがやばすぎて吹いたので紹介する


スポンサーリンク

   
 
f:id:mowmow18:20160114005419j:image
 
 
「自然体な人」っていますよね。
 

なんだかいつも肩の力が抜けてて

誰に対しても同じ自分で接してて
無理したり変に頑張ったりしてなくて
緊張とかもしてなそうで
 
そんな人。たまにいます。
好き嫌いはあるとおもいますが、ぼくは自然体な人がとても好きです。ぼく自身の一番のストロングポイントも「自然体であること」だと自負しています。
 
 
そんなわけで今日は
自然体な人の魅力や特徴、そんな人へのなり方
について書いていきたいとおもいます。
 
 

自然体とは?

 

『自然体』- 気負いのない、自然な態度。

 
みじかっ( ゚Д゚ )笑
でも、意味が凝縮されている感じがします。
 
気負っていない、ありのままの自分。本来の自分。
のような意味合いが強いのかとおもいます。
 
 

自然体な人の魅力

 
では、自然体な人がなぜそんなにも僕の目に魅力的に映るのか。理由を考えてみました。
 
f:id:mowmow18:20160114005455j:image
 

1.  無理をしない

 
まず、自然体なひとは無理をしないです。
 
無理をするということは
「本来の自分(いつもの自分)」ができない・やらないような範囲のことをするということです。
 
ときにそれは成長につながります。
しかしそれは体験的なことの場合です。
 
 
たとえば「行ったことのないところに旅をする」とかですね。新しい刺激が多く、成長します。どんどんやったほうがいいです。
 
ですがこれが精神的なことで無理をすると
キャパを越えた部分がストレスになります。
気持ちやメンタルに無理が生じたりした場合ですね。
 
 
自然体なひとは精神的な無理をしません。
だからいつも穏やかでいられるんですね。
 
 
 

2.  がんばらない

 
これも似たような意味合いになってくるとおもいます。自然体でいられる人は「頑張る」ということをしません。
 
自分が好きなこと、興味のわくこと、自分のセンサーが反応することに関しては夢中になって打ち込みます。自然体なひとは自分の心に素直です。
 
しかしこれは「頑張る」とは違うんですよね。
自らが好きで夢中になってやっていることなので。
頑張ってる感覚は本人にはないんです。
 
 
 

3.  平等 

f:id:mowmow18:20160114005443j:image
 
自然体でいられる人は誰に対しても平等です。
 
そもそも平等じゃない人(人によって対応や扱いを変える人)というのは、周りの評価や世間体を気にして自分が好かれようとして相手に合わせて自分を変えている人です。
 
 
自然体な人はつねに自分の心のおもむくままに過ごしているので、相手に合わせて自分を変えるというのはあまりしません。
 
誰とでも同じ自分で接します。
「等身大でいる」ことに長けているんですよね。
 
 
  

4.  心が広い

  
先ほど書いたように、
自然体な人は無理をしないし頑張ることもしないので、ストレスが少ないんです。
 
だから人を簡単に許せますし、あまり怒りません。
 
書いていて思ったのですが、
自然体な人はたぶん「ゆるい人」っていうのと
結構似てるのかなとおもいます。
 
 
 
 

5.  相手の心も自由にする 

f:id:mowmow18:20160114005632j:image
 
自然体な人といるとホントにラクなんです。

一緒にいる人まで自然体になれるんです。

ありのままの本来の自分でいれるんですよね。
 
ピリピリしてる人といるとピリピリしちゃうし
イライラやネガティヴも伝染します。
せっかちな人といるとなんだか自分も慌ただしくなります。
 
 
それと同じで、自然体な人といると自然体でいられるんです。たぶん無意識に同調しようとするんだとおもいます。人って。コミュニケーションをとるために。
 
「人は鏡」ですね。
 
自然体なひとは相手の心も自由にします。
 
 
 

自然体でいるには

  
ここまで読んだひとは、自然体な人になりたい!という気持ちでうずうずしていると思います。そんな人になるためのコツみたいなものを教えます。
 
f:id:mowmow18:20160114011515j:image
 
 

1.  逆に

 
逆になぜ人は自然体でいられないと思います?
本来はありのままで、自然体なはずです。
  
ぼくが思うに、
「人の中で生きるから」だとおもいます。
 
 
赤ちゃん〜3才くらいまではみんなワガママで素直でありのままの本来の自分で生きていたとおもいます。
 
しかし幼稚園や保育園に入るころから
コミュニティーの中で生きることになります。
学校という集団コミュニティーのなかで過ごすことになるんです。
 
そのほかにも部活・バイト・サークル・就職など、つねに「コミュニティー」というものがつきまといます。
 
 
人間は環境適応動物なので
どうにかしてそのコミュニティーに属するために、
自分を上手くハメこもうとします。
つまり周りの人たちに合わせて自分を変えます。
 
 
「みんなに合わせられない子は浮いてしまう」
という変な文化も日本にはあります。浮いた存在になりイジメられるのが怖いからみんなに合わせる子も多いかと思います。
 
 
 

  2.  手放す

f:id:mowmow18:20160114011749j:image
 
そんなコミュニティーに属する毎日を義務教育や社会のなかでずっと過ごしていると、「自分」というものがわからなくなります。
 
ほんとうに自分が気を遣わない人とだけいることが出来るならいいのですが、なかなかそうはいきません。そうなると自然体でいることが難しくなってきます。
 
 
そこで必要なのが手放すこと。
 
 
自分に必要ないコミュニティーは手放す。
自分が嫌な気持ちになることは手放す。
自分が無理をしないといけないような環境は手放す。
自分があまり乗り気じゃない遊びやイベントは手放す。
 
 
これです。
なんだか「そんなことしてもいいのかな?
っておもいますよね? 
 
それこそがコミュニティーに属し続けた末に
身につけてしまった考え方です。
相手に合わせようとしてしまう考え方です。
相手に「悪いな」っておもっちゃうんです。
自分を押し殺す原因になってしまいます。
 
 
手放していいんです。みんないい顔しすぎなんです。
 
 
勇気をもって手放しましょう。
好きな人と過ごして、好きな遊びの予定だけ入れて、好きな環境に身を置いて、楽しい気持ちになることをしていきましょう。
 
そうすればありのままの自然体な自分でいられます。
 
 
 

まとめ

f:id:mowmow18:20160114014641j:image
 
自然体でいるって、むずかしいです。
みんなそりゃあ自然体でいられるならそうしたいはずです。
 
しかし学校や社会やコミュニティーに組み込まれる中で型にハマろうと自分を変えてしてしまいます。
 
これにハマらずに、あまりにも自然体でいる人は「ワガママ」と世の中では言われてしまいます。多少なりともみんなに合わせることは必要です。
 
 
ですが良い人でいようとするあまり、本来の自分でいられない人が多いようにおもいます。
 
周りに良い顔して合わせても幸せにはなれません。
幸せを感じるのは「自分」だからです。
周りではないです。
 
自分がどれだけ気持ちいい状態でいられるか。
「ニュートラル」な状態でいられるか。
 
 
そんな人生を過ごせるようになると
グッと豊かさが増すとおもいます。
 
 
 
楽しいですよ。こっちは。おすすめです。