読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はなうた横丁

 ふらっとゆる〜く息抜きに。

モチベーションアップ・維持する方法(意味〜理論)


 人気記事

  ✔ 【グッドポイント診断】ビビるくらい当たる長所診断があるらしいのでやってみた

 理想の高い人が彼氏(彼女)ができない本当の理由

 Amazonプライム会員のメリットがやばすぎて吹いたので紹介する


スポンサーリンク

   
 

f:id:mowmow18:20151229230552j:plain

 
モチベーション」とはなんでしょう?
 
 
今日はこの「モチベーション」というものについて書いていこうかと思います。
 
 

 

 
 
 
 
 
 

1.  モチベーションとは?

 
 
普段なにげなく使っている言葉ですよね。
モチベーション。
 
日によって上がったり下がったりするもので、
大事なものです。ぼくもよくコイツに翻弄されます。
 
このモチベーションってやつで
日の質が変わってきたりもします。
 
 
 
ウィキペディアさんに聞いてみました。
 
 

モチベーション(motivation、動機づけ)とは、行動を始発させ、目標に向かって維持・調整する過程・機能である。

 

動物が行動を起こしている場合、その動物には何らかの動機づけが作用していることが考えられる。またその動物の行動の程度が高いかどうかによってその動機づけの強さの違いが考えられる。

 

行動へとつながる意思は動機によって支配され、この動機とは人の内にある心理的要求や欲求であり、それは意識的か半意識的か無意識的かを問わない。

 

 
出典:Wikipedia
 
 
 
 
ほうほう。
どうやら行動するときに必要なもののようですね。
そしてその動機とは人の内にある心理的欲求にある
らしいですね。
 
 
すこし紐解いてみましょう。
 
 
 
 
 
 
 
 

2.  心理的欲求 

 

f:id:mowmow18:20151231010623j:plain

 
 
人間には2つの欲求があります。
 
 
 
生理的欲求」
これはたとえば「のどが渇いた」とか「お腹がすいた」とか「トイレに行きたい」のような欲求です。
 
いわゆる身体にサインが出るものですね。
勝手に身体が教えてくれるので満たすのが簡単です。
 
 
 
心理的欲求」
これは、あなたが今「なにを求めているのか」や「なにに関心があるのか」や「どんな感情でいたいのか」などです。
 
これはサインなども特にないので
意識していないとわかりにくいものになります。
ゆえに満たすのが難しいのです。
 
 
 
しかし『モチベーション』というのは
この心理的欲求を満たすことによって上がります。
 
 
たとえばテスト勉強をするときに
好きな教科から勉強するとはかどったりしますよね?
 
あれはまず
関心のある好きな教科からやることによって
心理的欲求が満たされてモチベーションが
上がったからなんですね。
 
 
ほかにも女性なんかだと
「今日は化粧のノリがいい♪」でモチベーションが
上がるらしいのですが、これも「美」に関心がある
女性の心理的欲求が満たされたからなんです。
 
 
美味しいものや甘いものを食べて
モチベーションが上がる人もいれば、
好きな音楽を聴いて上がる人もいるかと思います。
 
 
 
これにも全部
モチベーションが上がる理由があるんですね。
そこには心理的欲求が関係しているわけです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

3.  心理的欲求の満たし方

f:id:mowmow18:20160126201238j:plain

 
 
となると、
この心理的欲求を満たせられるようになれば
モチベーションを意識的に上げたり維持したり
できますよね?
 
 
この方法を教えます。
 
 
これは結構カンタンで、
「自分がモチベーションの上がるコト」を知っておく。これだけなんですよね。
 
 
日常の中で
「あ、なんか今わたし意識高いかも」とか
「いい気分かも」とか「やる気にみなぎってるわ!」
なんてときがたまにあるかと思います。
 
 
そんなときに
「なんでわたし今モチベーション上がってるんだろう?」って考えてあげることが大事なんです。
 
 
振り返ると、好きな音楽を聴いていたり、
美味しいものを食べていたり、友達と話したあとだったりするんです。
 
 
そうすると、「あ、あれのおかげでモチベーション上がってるのかも!」ってなって見つけられます。
 
 
見つけちゃえばもうこっちのもんで、
落ち込んだときやモチベーションが下がったときは
「そのコト」をすればいいだけなんです。
 
 
 
ぼくなんかは考えるのが好きなので
「なんで自分はあれをするとモチベーションが上がるんだろう?」とか考えちゃってその理由をどんどん深掘りしちゃうのですがそれはまた別のステージの話になってくるのでまた後日。
 
 
 
 
 
 
 
 

4.  モチベーションの維持

f:id:mowmow18:20160128125412j:plain

 
 
でね、上げ方がわかったところで
維持するのって大変なんです。
どうしてもモチベーション下がりまくって
何もしたくなくなるときってあるじゃないですか。
 
 
なので維持のしかたを教えます。
 
 
人間には
ホメオスタシス (恒常性) という性質がありまして
 
これはつまり
身体の内部環境を一定に保とうとするものなんです。
 
 
 
たとえば
 
体温が上がりすぎたら
汗をかいて体温を下げようとしますよね。
 
体温が下がりすぎたら
体がガタガタ震えて体温を上げようとしますよね。
 
これはホメオスタシスによるものです。
  
ほかにも血圧や浸透圧やphなども
これによって保たれていたりします。
 
 
 
f:id:mowmow18:20151231002840p:image
 
  
 
上がったら下がる。下がったら上がる。
要は振り子のようなものです。
 
 
常に元の位置 (0ポジション) に戻そうとする力
が働きます。
  
 
なので楽しいイベントや遊びなどで
グワーッとテンションが上がったあと、
解散して一人になると寂しくなって下がったり
 
 
悲しいことがあってドワーッとテンションが
下がって泣いたり落ちるところまで落ちると、
翌日開きなおってケロっとしてたりします。
 
 
元の位置に戻そうとする力が必ず働くのです。
反動ともいえますね。
 
 
 
だからね、モチベーションを維持するには
この仕組みを知っているといいんです。
 
 
そうすると自分を客観視できます。
「あ、今わたし上がりすぎてるな〜。あとで下がるんだろうなあ」とわかっていると
あらかじめ対処できるのです。
 
 
この「対処」というのは
下がりそうになったときに、
さっきの「心理的欲求を満たすコト」をしたり。
反動にならないためにそもそも上がりすぎないように制御したり。
 
 
 
人間のホメオスタシスというしくみを知って、
自分を客観視できるようになると
モチベーションを維持しやすくなります。
 
 
 
 
 
 
 
 

5.  まとめ

 
 
モチベーションとは
車でいうモーターのようなものです。
 
同じ場所 (目標) にたどりつくにしても
モチベーションが高いと速度がちがいます。
 
たどりつくのが速いんですね。
 
 
f:id:mowmow18:20151231011629j:image
 
 
うまくコントロールできるようになって
セルフモチベートしていきましょう!
 
 
 
(モチベーションの記事を書きながら僕自身すごくモチベーションが上がったのは内緒)