読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はなうた横丁

 ふらっとゆる〜く息抜きに。

「自分に自信がない人」が自信をつけるたった1つの方法


 人気記事

  ✔ 【グッドポイント診断】ビビるくらい当たる長所診断があるらしいのでやってみた

 理想の高い人が彼氏(彼女)ができない本当の理由

 Amazonプライム会員のメリットがやばすぎて吹いたので紹介する


スポンサーリンク

   
 
f:id:mowmow18:20151223165711j:image
 
みなさん、自信ってありますか?
 
なかなか堂々と「あるよ」と答えられる人って
少ないのかな〜と思います。
 
そこで今回は「自信」のつけ方について書いていきます。

1.  自信とは?

f:id:mowmow18:20160318175625j:plain

 
自信とはなんでしょうか?
 
たとえば、なにかをするときには自信が必要だったり、自分に対して自信がある人というのは魅力的だったりしますよね。
 
この自信ってやつの正体はなんなんでしょう?
 
 
 
ウィキペディアにはこう書いてあります
 

自信(じしん、Confidence)とは、自己を信頼する気質、徳目である。

人間が自らの能力、知識、信念などを信頼している精神の状態を意味する。

自信の影響力は大きく、それは人生観や生き方を方向付けることがある。スポーツ選手などの身体能力も自信によって引き出される可能性がある。

自信 - Wikipedia

 

ふむふむ。
要は自分のことを信頼しているかどうか。
のようですね。ざっくり言うと。
そしてその影響はとても大きいようです。
 
 
なぜそんなにも影響してくるのでしょうか?
 
 

2.  臆さない

f:id:mowmow18:20151224121925j:image 
 
自分のことを信頼していると、
なにかをするときに臆さないんですね。
ビビらずに思いっきりいけるというか。
太いこん棒をもって敵に立ち向かうような感じですね。
 
 
逆に信頼していないとビビります。
木の枝をもって戦いにいくような感覚です。
心もとないですよね。
 
 
なにかをするときに、
行動するのも判断するのも「自分」になります。
 
 
中心にいて決断したり指示を出すのは
「自分」なんですよね。
 
 
その中心にいるのが
「信頼してない自分」だった場合、
行動も判断も思い切れません。
 
 
なので良い結果にはなりにくいのです。
当たり前のことですが。
 
 
 
精神面の大きく関わるスポーツなんかだと、
それが如実に現れるのではないでしょうか?
 
 

3.  自信と行動はリンクする

f:id:mowmow18:20160318175335j:plain

 
 
自信ってやつは行動と深くリンクしています。
 
 
たとえば小さいころは
一人でおつかいに行くのは不安でしたよね?
でもいつの間にいけるようになってる。
 
 
これは何回か挑戦することによって
「自分には出来る」っていう自信がついたから
なんですね。「出来る自分」を経験したから
自分を信じられるようになったんです。
 
 
つまり自信とは「成功体験」によって作られます。
 
 
 
今のは小さな例ですが
 
たとえばぼくの場合でいうと、
ぼくらはこの前80人規模のイベントをやったのですが
それができたのは根本に「自信」というものがあったからです。企画者3人ともそうだと思います。
 
 
そして、去年のぼくではこれは出来ませんでした。
なぜなら成功体験がないからです。
やったことないから不安なんですね。
どうなるかわからないし。イメージが湧かないんです。
だからやろうと思い立ちもしませんでした。
 
 
しかし今年のはじめあたりから
10人規模→30人規模→50人規模と、
すこしずつ規模を大きくしながらイベントを
企画していって成功体験を積んでいったんですね。
 
そしたら不思議なことに
「80人のイベントも出来るんじゃね?」ってなって、
やったらできたんです。
 
 
そこには過去の成功体験があり
経験という裏付けと知識があったので
自信がつき行動に移せたんですね。
できるなっていうイメージができたんです。
 
 
このように、
自信とは行動ととてもリンクしています。
 
 

4.  人生とは行動である

f:id:mowmow18:20160319181539j:plain

 
さきほどの例をみて
小さい行動には小さい自信が必要
大きい行動には大きい自信が必要だということが分かったかとおもいます。
 
 
いきなり大きいことをしようとしても
成功体験がなくイメージが湧かないので不安がつきまといます。
 
 
なので順序としては
挑戦成功体験自信行動
という感じです。
 
大もとには「挑戦」があるんですね。
この「挑戦」というのが自信をつけるためのたった一つの方法です。
まず挑戦しないとなにも始まらないんです。
 
そしてたとえ挑戦して失敗してしまっても
そこから学んでまた挑戦すればいいんです。
 
 
ジョブスがアップルを立ち上げたのだって
それだけの自信があったからです。
それにもとづく成功体験があって
それだけの挑戦をしてきたからです。
 
素人がいきなりやるのは無謀です。
どんどん挑戦していって自信をつけて
出来ることを増やしていきたいですね。
 f:id:mowmow18:20160103121337j:image
 
そして
「人生とは行動である」という言葉があります。
 
 
ぼくはこの言葉がとても好きで、
人生ってなにか?といわれると行動したことの軌跡
だと思うんです。
 
 
考えてるだけじゃ現状はなにも変わりませんし、
行動に移して初めて世界に変化を生みだせます。
好きな言葉です。
 
 

5.  まとめ

f:id:mowmow18:20160319180039j:plain

 
まずは自信をつけましょう。
自信のつけ方はさっきも書いたように
挑戦から生まれる成功体験です。
 
 
ドンドン挑戦していきましょう。
 
 
そうするとだんだん
自分を信頼できるようになってきて、自信がついてきて「なんでもできるんじゃないか」モードに突入します。スター状態ですね。この状態になっちゃえば怖いもんなしです。突き抜けられます。
 
 
世間でいう「自信過剰」というものは
この成功体験がないのに自信を持っちゃっているパターンのことです。裏付けがない自信というのは薄っぺらいのですぐに見透かされます。
 
 
しっかり自分に自信をつけて
やりたいことができる人生にしていきましょう。
 
 
 
最後に「挑戦するのをためらっちゃう人の背中を押してくれる言葉」をプレゼントします
 
伊坂幸太郎さんの
ラッシュライフという作品の中の言葉です。
 
 
人生については誰もがアマチュアなんだよ。
誰だって初参加なんだ。はじめて試合に出た新人が、
失敗して落ち込むなよ。
 
 
それでは良い人生を!
 
 
 
 
《 挑戦したい人の背中を押すオススメ本 》