はなうた横丁

 ふらっとゆる〜く息抜きに。

《表現する人と、場を作る人》「サンタナイト」主催しました。


 人気記事

  ✔ 【グッドポイント診断】ビビるくらい当たる長所診断があるらしいのでやってみた

 理想の高い人が彼氏(彼女)ができない本当の理由

 Amazonプライム会員のメリットがやばすぎて吹いたので紹介する


スポンサーリンク

   
 
 
 
 
 
おはようございます。
 
 
昨日はサンタナイトというイベントをやり
80人弱のサンタたちでわいわいしたのですが、
本当に素晴らしい空間だったんですよね。
 

 

なにがそんなに良かったかというと、
みんな超参加型だったんです。
傍観者の多いイベントもある中で
昨日はほとんどの人が楽しむことに前のめりでした。
 
 
そして準備から片付けまでみんな協力してくれて、
なんていいやつらなんだ…って途中一人泣きそうになってました。お酒も入っていたからですかね。
友達って素晴らしいです。
 
 
 
 
今日はそのとき感じたことを書いちゃいます。
 
 
 
f:id:mowmow18:20151220030155j:image
 
 
 
 
 
 
 

  1.  表現の場

 
 
 
なにより最高だったのは、
そこがみんなの「表現の場」になっていたことです。
 
 
プロのアーティストを目指してる友達がライブをして
カフェイベント主催しているコンビがごはんを作ってくれて、ラジオDJが司会をしてくれて、美容師の友達がカメラマンをしてくれました。
 
 
 
本気でやっていたり趣味で好きでやっていたり、
その人たちの「特技」が活かされ表現されていたんですよね。お前、そんな特技あったんか!最高だな!みたいな感じです。
 
 
でね、好きなことやってるみんなの顔ってキラキラしてるんです。なんかもう最高なんです。
 
 
ゆうとも楽しそうに写真撮ってたし
翔くんも司会してるときの顔がイキイキしてて、
あやちゃんたちも仕事ぶりがカッコよすぎて横顔が
プロだったし、だいちゃんとじょーせいなんて
ずっと笑ってて最高に盛り上げてくれました。
 
 
 
そこで思ったことがあります。
 
 
 
 
 
 
 
 

  2.  活かせる場の大切さ

 
 
 
 
キラキラ表現している人たちを見ていて、
みんなの特技が活かせる場って、そういえば普段なかなかないよなあ。と思ったんです。
 
 
いい才能を持ってる人はたくさんいて、
それが表に出ないのはほんとうにもったいなくて。
こんなに良いのに。なんでだろう?って。
なんでもっと表現の場がないんだろう?って。
 
 
それを考えたときに分かったのが、
人を集めることと表現することは別の仕事だ
ということです。分かりやすく説明していきます。
 
 
 
 
 
 
 
 

  3.  アーティスト × プロデューサー

 
 
 
たとえば
歌がすごく上手くて実力もバッチリなのに、
歌だけで食べていけない人は世の中には
たくさんいるとおもいます。
 
 
実力がバッチリなのになんでだろう?って
今までは思ってたんです。でも最近感じるのは、
表現すること (歌を歌うこと) と人を集めることは
別物だということです。
 
 
 
 
 
もちろん歌が上手けれ
自然と人も集まってきますが限界はあると思います。
でも、やっぱり歌で食べていくってなったら
人を集められるようにならないといけないわけです。
収入にならないので。
 
 
そこで登場するのが「事務所」ってやつです。
こやつらがアーティストをプロデュースして
人を集めてくれます。アーティストが表現のプロなら
事務所は広告宣伝やブランディングや見せ方のプロです。
 
 
だから事務所に所属すれば
アーティストは歌だけに専念しやすいんですね。
その二つの仕事は分離しているはずなのに
事務所に所属してないアーティストは個人で両方とも
やらなきゃいけないんです。
そりゃあライブやるのも大変です。
人集めからしないといけないんですから。
 
 
 
 
でね、そう考えたときに、
ぼくの周りにもたくさんいるんです。
素敵な表現者さんたちが。
でも才能を発揮しきれてなかったりしていて。
 
 
そしてたぶん人には役割があるとおもっていて、
彼らは表現するのが得意なら、ぼくなんかは
その才能を表現させてあげる場を作るほうが得意
なんですね。
 
 
だからぼくが最近おもうのは
もっと周りの人の才能を活かしてあげて、
その人たちが大好きなことをやって
キラキラ輝く場所を作っていきたいなって。
 
 
そこにはたぶん得意不得意があって、
ちゃんと役割があるんだなあっておもうんです。
 
 
 
 
 
 
 

  4.  繋がりってすごい

 
 
 
 
もう一つ感じたことがあります。
その歌や料理やカメラや司会のみなさまは
全員友達の繋がりできてくれたんです。
これが本当にすごいことだと思っていて。
外部からは一切呼んでないんですよね。
 
 
こんなイベントやるんだよね〜って言ったら
「じゃあこんなやついるよ!」とか
「あ、おれこれやろうか?」とか。
 
 
あれはみんなで作り上げた空間です。ほんと。
ありがとう。
 
 
 
 
 
繋がりのすごさは
この一年で本当に深く感じます。
自分ひとりじゃ何もできなくて、
みんながいてくれたらなんでもできます。
 
 
好きなことややりたいことをやっていると
自然と周りに協力者が現れたり、なんだか
楽しくて愉快な仲間が集まってくるんですよね。
これはほんとうに不思議な現象です。
 
 
一回きりの人生、みんなでなら
楽しくしていけると本気でおもっています。
出会っちゃえば勝ちです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

  5.  好きな時間

 
 
 
好きな時間があります。
イベントが終わったあとに3人で
「いやあ最高だったね!」ってお酒を飲む時間です。
 
 
達成感と楽しさの余韻とみんなの笑顔が思い出されて
めちゃくちゃ美味いんですこのときのお酒。
あの時間のためにがんばっているようなもんです。
 
 
f:id:mowmow18:20151220023952j:image
 
 
 
 
 
 
 

  6.  まとめ

 
 
 
やっぱりみんなでわいわいするのは楽しいです。
まず大好きな友達みんなにいっぺんに会えちゃうところ
がイベントの良いところで、心から笑顔になれます。
そして帰り道、温かい気持ちに包まれます。
 
 
あそこの会場にいたみんなが笑ってて、
すごいなって俯瞰した時間もありました。
 
 
イベント最高!な記事になってしまったので
来てない人にはうまく伝わらないかもしれませんが、
今日は感謝の気持ちがすごく膨らんでいて書きたかったんです。見てくれてありがとうございます。
 
 
そして昨夜おもったことがあります。
みんな大好きです。