はなうた横丁

 ふらっとゆる〜く息抜きに。

なぜ習慣を変えると人生が変わるのか?その理由と方法を解説する


 人気記事

  ✔ 【グッドポイント診断】ビビるくらい当たる長所診断があるらしいのでやってみた

 理想の高い人が彼氏(彼女)ができない本当の理由

 Amazonプライム会員のメリットがやばすぎて吹いたので紹介する


スポンサーリンク

   

 f:id:mowmow18:20160226020912j:plain

 
習慣って意識したことありますか?
実はこの「習慣」にはすごいパワーがあるんです。 
 
 
今日はその「習慣」というものについて
考えていきたいと思います。

1.  習慣とは?

 
ウィキペディアにはこう書いてあります。
 
習慣(しゅうかん、英: habit)とは、日常的に繰り返される行いのことであり、その土地の文化にも影響する。
その人の習慣は、後天的な行動様式であり、反復して行われることで固定化される。身体的な振る舞いの他に、考え方など精神的、心理的な傾向をも含む。人の成功に影響する所が大きいため、「習慣は第二の天性なり」とも言われる。
 
ふむふむ。「習慣は第二の天性」
かっこいいですね〜。ここにも書いてあるように、よく成功する人は質の高いことを習慣化していたりして、<成功者の習慣> みたいな本や記事もよく見かけますよね。
 
「日常的に繰り返される行い」が
なぜそんなに大事なのでしょうか?
 
 
 

  2.  なぜ習慣になるのか

f:id:mowmow18:20160226022323j:plain

 
まず人間には、意識的にやっていることと、
無意識にやっていることがあります。
 
たとえば
朝起きて歯を磨いたり顔を洗ったり
夜お風呂に入ったり寝巻きに着替えたり
これらを「意識しないとできない!」っていう人はいませんよね?
 
たぶんいないとおもいます。
 
 
でも、これってなんでだと思います?
 
 
産まれたときは当然ですが
何もできなかったと思います。
でもいつのまにか習慣化してる。
ぼくはこれにずっと疑問を抱いていたんですね。
 
 
べつに「寝る前に三点倒立をする」とか
「朝起きてまず変顔をする」とかが
習慣になっていてもよかったはずなんです。
それなのになんであえてこれらのことが
習慣化したんだろう?って。
 
 
そしてよくよく思い返してみると
習慣って親の影響なんですよね。
 
小さい頃よく「お風呂に入りなさい」とか「帰ったら手を洗いなさい」とか「歯を磨いてから寝なさい」とかって言われましたよね?
 
最初は言われてから嫌々やっていたと思います。
めんどくさいな〜なんて思いながら。
 
 
しかし続けているうちに、
ある時期から言われなくても無意識にやっていたとおもいます。
 
むしろ今ではしないと気持ち悪い!
くらいな人もいるとおもいます。
これは完全に習慣化している証拠です。
 
 
つまり
僕らが小さいころから当たり前にしている習慣って、
親の習慣がうつっているだけなんです。
 
 
 

  3.  習慣の影響力

 
たとえば親が
「寝る前は三点倒立をしなさい!」という人だったら子どもはなんの疑問をもたずに大人になってもそれをやっているかもしれません。だれも止めなければ(笑)
 
ぼくらの親は、自分が育ってきた環境のなかで
良いとおもったことを習慣化していて、
それを子供に反映しているんですね。無意識に。
 
親もそれが当たり前のことだとおもっていますし、
良いことだと信じて疑ってないわけです。
 
自分が良いとおもっていることが習慣になります。
親が子どもに与える影響はとてつもなく大きいです。
 
f:id:mowmow18:20151217011746j:image
 
だから海外にホームステイとかすると日々の
習慣のちがいにびっくりしたりするんですよね。
国の文化も親 (ホストファミリー) が育ってきた環境も
日本とはちがうので。ホームステイしたことないけど。
 
そして習慣がちがうと
考え方も変わってきて行動も変わってくるので
「国民性」とやらに違いがでるんだと思います。
日本人が内向的であるのには習慣の影響もあると思います。
 
 
 

  4.  習慣のパワー

 
これは凄まじいです。
ピッコロの魔貫光殺砲と同じかそれ以上です。
 
f:id:mowmow18:20151217000141j:image
 
人間には
 
意識的に操れる「顕在意識」というものと
無意識の中にある「潜在意識」いうものがありまして
 
その名のとおり
「顕在意識」とはふだん意識的にやっていることで
「潜在意識」とは無意識にしている領域のことです。
 
 
でね、人間の脳はよく3%も使われてないとか
言われるじゃないですか。
 
図にするとこんな感じです
 
 

f:id:mowmow18:20160421103134j:plain

 
なんていうか、潜在意識めっちゃありますよね。
海面より下にあるやつ。
 
そうなんです。
人間はほとんどが潜在意識 (無意識) で出来ているんです。
 
一日のほとんど無意識の中で行動しているんですね。
 
 
よく「え、今日もう一日終わっちゃうんだけど!はやっ!今日なんかしたっけ!?」ってときありません?あれです。あれ。
 
 
あれは完全に習慣のなかで無意識に一日を過ごしまくっていた証拠です。同じルーティーンの毎日を送っている人はこうなりがちです。
 
 
つまり無意識 (習慣) とは普段全然つかえてなくて、
95%くらいの可能性を秘めているのです。
 
人間の可能性ってすごいんです。
 
 
 

  5.  無意識を使いこなす

f:id:mowmow18:20160226022147j:plain

 
この潜在意識ってやつを
コントロールできたら最強ですよね?
95%ですよ?魔貫光殺砲打てますよね?
 
95%の無意識の部分をつかう方法を教えます。
 
 
これは結構簡単でして
意識的に続けて無意識に落とし込むんです。
 
習慣化するってことですね。
 
 
たとえば「夜寝る前のストレッチ」を
習慣化したいとします。
 
① まず最初は意識的にストレッチします
 
② 頑張って三週間継続します。
 
③ だんだんとストレッチが好きになってきます
 
④ 寝る前やらないと気持ち悪くなってきます
 
⑤ 気付いたら寝る前にやるようになっています
 
 
こんな感じです。
人は21日間継続したことは習慣化しやすいといいます。
 
まずは意識的に21日間続けてみましょう。
 
 
 

  6.  なにを習慣化するかも大事

f:id:mowmow18:20160226021421j:plain

 
習慣化したことは
無意識に毎日やるようになるので
それはそれは素晴らしい効果を生みます。
 
 
「夜1時間勉強する」というのが
習慣化してしまえば積み重なって一年後には
ものすごい知識量になってますし
 
「朝ウォーキングをする」というのが
習慣化してしまえば確実に太りにくくなります。
 
 
しかも本人は習慣でやっているので苦ではないんです。
 
 
よく成功者と呼ばれる人たちは
 
・朝の散歩
・読書
・夜寝る前の瞑想
 
などを習慣化していると聞きます。
 
 
質の高いことや自己成長につながるものを習慣化すると、自分の質も上がるんですね。
 
 
 

  7.  まとめ

f:id:mowmow18:20160226020912j:plain

 
まず普段自分が無意識にしている「習慣」を
見直しましょう。
 
そしてこれから自分が習慣化したいことを書き出して、普段見るところにおきましょう。( スケジュール帳やケータイのメモなんかがおすすめです)
 
最初はそれを毎日見るようにして意識的に行いましょう。
 
 
それをするだけで習慣が変わって
潜在意識をコントロールできるようになって
ときに人生をも変えていきます。
 
 
塵も積もれば山となる ですね\(^^)/
f:id:mowmow18:20151217020720j:image
ではでは!
 
 
 
▼「習慣」に関する超オススメ本
 
活字が苦手な方はコチラ ↓↓