はなうた横丁

 ふらっとゆる〜く息抜きに。

LIFE

いじられキャラは最強のコミュニケーションツールだ。

僕は普段いじられることが多いのですが、これは最強のコミュニケーションツールだと思うんですね。そう思う理由についてちょっと書かせてください。7つほどあります。

自分を肯定せよ。ぼくが自己否定を克服した1つの出会い。

こうして生きていると、自分の人生をまるごと変えてしまうほどの出会いというものが、たまにあったりする。 僕にもそんな出会いがあった。 自分大好きなぼくが唯一自己否定をしそうになったことがあってさ、ちょうどそんな時期にある出会いが訪れたんだ。

自分を偽ることに意味はあるのか。

最近考えることがあるんです。 自分を偽って生きていくことに意味はあるのか って。 自分の感情にそむくこと、自分に嘘をつくこと、そんなことってどうしてもしがちなんだけど、そこに何の意味があるんだろう。 それをしていった先に、 なにが待っているの…

【目標達成】やりたいことをやるために知っておくべき7つのステップ

ぼくは今 PATERS という遊びイベント団体を運営していたり、整体師として独立したり、来年の店舗オープンに向けて動いていたりするのですが、 そのなかで「やりたいことや目標を達成するコツ」のようなものがいくつかあって、それを実践した結果いま上手くい…

僕らが思っている以上に、伝えることをしていないのかもしれない。

夏の夜、ぼくは涙が止まらなかった。 その理由はこの記事。 miya0415.hatenablog.com ぼくはいま仲間と3人で「PATERS」という名前で活動しているんだけど、そのうちの一人であるみやと、みやの母親との出来事に心を動かされた。 ちょっと聞いてほしい。

長所と短所の関係性。自分の短所を好きになるためのマインド。

誰にだって短所ってありますよね。 人より苦手なこと、出来ないこと、 自分のそんなところってなかなか受け入れられないし、嫌になったりします。 でもね、短所って素晴らしいんです。 僕はもともと苦手なことが多くて短所を嫌だとおもっていたのですが、今…

不完全は最強だ。永遠に子どもであれ。

先日、秩父という自然いっぱいの素晴らしいところでBBQという名の川遊びをして、久しぶりに子どもみたいに自然のなかで遊んでみて、なんだか大事なことを思い出したような気がした。 BBQ @秩父楽しすぎたまじで!!!① pic.twitter.com/YngxpNes4U— しみ (@…

理想像を追うのはやめた。ただ「自分」を生きるということ。

誰にだって「理想像」というものがある。 それを追い求めたくなるし、 そんな自分にいつかはなりたいと思う。 僕だってそうだ。 なりたい自分の姿が明確にあった。 何度もイメージしていた。 でも、そんなことは全部やめた。 理想像は捨てることにしたんだ…

青春時代の思い出が、いまの自分を肯定していく。

僕には応援団がたくさんいる。 キッカケは古いiPhone。 たまたま見つけて、充電したら、起動できた。 そこにはもちろん思い出が詰まっていたんだけど、もうひとつ大事なものがあった。

世界中の人と家族に!ホームレス小谷さんの言葉が深すぎた

先日、ホームレスの小谷さんが ウチのシェアハウスに泊まりに来たのですが、 そのときの会話のなかで数々の名言が飛び出し、 それがとても胸に刺さったコトバだったので 3つほど紹介していきたいとおもいます。

息抜きの一日を作ってみて気付いた穏やかな日常。

最近イベント企画やらシゴトやら相談受けやらいろいろやっているうちに余裕がなくなり ふとした瞬間に 「あれ、おれなんのために頑張っているんだろう?」と感じたので、すぐに翌日のシゴトをすべてキャンセルし、急遽丸一日の休みをとった。 パンダの上で…

「目の前の一人から」ピースフルに生きていきたい夜。

部屋を暗くしてベッドに入って眠りにつく少し手前の、おそらく最も想像力豊かな時間帯。 明日はなにをしよう?今日はどんな日だったっけ?いつかこんなところに行きたいなあ。 夢を膨らませてもいいし、物思いにふけってもいいし、好きな子を描いてもいい。…

一人でやるな!イベント主催のコツと戦略を3つ紹介する

「イベント主催してみたいな〜」 「イベントってどうやってやるんだろう?」 そんなふうに思うときってありませんか? 僕も二年前はそんなことを考えたりしました。 それからというもの、 あれこれ自分で試行錯誤しながら取り組み、自分がやりたい「遊び」…

直感で生きる。自分の心の声に従う生き方のススメ。

生き方や人生について、 最近いろいろな方から相談を受けます。 その中で僕がよく答えるのは 「直感で " 良い " と思った方向に進んでみるといいよ」ということ。 一見テキトーな返しにみられるかもしれませんが、けっこう真剣にこう伝えています(笑) なの…

世界一幸せな国!デンマークが国民幸福度No.1である理由が素晴らしすぎた

デンマークという国は「幸福度ランキング」で 2013年、2014年、そして2016年にも 世界1位に輝いています。(ちなみに日本は46位) つまり「世界一幸せな国」といっても 過言ではないわけです。 じゃあなぜこんなにも国民の幸福度が高いのか? 理由を知って…

ゆっくりとした朝の時間が、一日を作っていく。

朝に早起きをするようになって、一日の過ごし方が驚くほど変わった。 今までのぼくは、夜遅く寝て、翌朝10時頃にのろのろと起きて「やばい時間がない!」という具合にいそいそと準備をして家を出ていた。 そんな生活を続けていたある日、 「夜にだらだら起き…

自分の生きる人生を愛せ。ボブ・マーリーの名言より。

自分の生きる人生を愛せ。自分の愛する人生を生きろ。 レゲエの神様であるボブ・マーリーのこの言葉を聞いたとき、鳥肌が立つような感覚があった。 「今まで俺はなにをしていたんだ」と言わんばかりに過去の自分を悔やみ、そして愛した。その瞬間から見える…

「ツッコミどころを作れ」一億総ツッコミ時代の生き残りかた。

マキタスポーツさん 「一億総ツッコミ時代」という言葉を聞いた。 たしかマキタスポーツさんの本にそうゆうタイトルのものがあった。この言葉の意味を聞いたとき、オモシロイなぁと感じたのを覚えてる。 一億総ツッコミ時代から見た、これからの時代を生き抜…

自分の好きなこと(もの)に宿る可能性を知ってくれ。

最近、好きだと思うものが増えた。 好きな時間、好きな友達、好きな食べ物、 あげるとキリがないんだけど、そうゆうものが以前よりも身の周りに増えて、ぼくの暮らしを囲んでくれている。 感謝と共に感じるのは「好き」という言葉や感情に込められたエネルギ…

今宵の月のように。エレカシを聴く夜。

春と夏のあいだ。 どちらかというと夏の気候に近づいてきたこの季節になると、夜にふらふらと散歩にいきたくなる。なんだろうかこの徘徊癖。昔っからだ。 徘徊しながらなにをしているのかと言われれば「ぼーっとしている」と答えるしかないのだけれど、その…

五月病ってなに?症状と原因、その対策も調べてみた

この時期になるとなんだか五月病というワードをよく聞きますよね。 なんかすこし気分が落ちてきたな〜と思ったら すぐに「五月病かな?」と疑ってしまいます。 じゃあその五月病ってなに? と聞かれるとハッキリと答えられなかったので、詳しく調べてまとめ…

趣味がお金に?小さなスキルを副収入に変える5つのステップ

「仕事にするほどでもないけど人より得意なこと」って誰しもありますよね? それが趣味でもスキルでも知識でもいいのですが 扱い方次第によってはお小遣いというか副収入に できたりします。 今回はそんなような工夫を5つのステップに分け、実体験も踏まえ…

弱みを見せた瞬間から人は輝く。

人が変わるときには必ずと言っていいほど キッカケというものがある。 それがなんなのかはずっと気になっていた。 「変わりたい」と人は言うけれど じゃあどうすればいいのか。実際に何をすればいいのか。そんなことは分からないでいた。 しかし昨日、その…

目標達成のためのコーチングが超絶役に立ったので紹介する

先日初めてコーチングの個人セッションというものを受けてきたのですが、その内容が衝撃的で、得ることが多かったのでここに書いていこうと思います。

完璧主義者の特徴と、うつ病になりやすい理由

完璧主義の人っていますよね。 なんでも完璧にやりたい!っていう人。 僕のまわりにも結構います。 こうゆう人って、突然うつ病になったり メンタルが崩壊したりしやすいんですよね。 心理学を勉強した僕が、その理由と改善方法を書いていきます。

なぜ人は退路を断つことによって成長するのか。

人はなにか自分にとって大きなモノを断って 後戻りできない状況をあえて作ることによって とても成長するものだと思っています。 「退路を断つ」ということにどんな可能性があるのか? 今回はそれを3つの例を出しながら綴っていきます。

チーム・組織を編成するときに集めたい7タイプの人材

なにかイベントを企画したり 事業やプロジェクトを立ち上げるとき、 「誰とやろうか」ってまず考えますよね。 いろんなタイプがそろっているチームは 多面的で柔軟で強いです。 そこで僕の考える「組む相手を選ぶときに知っておきたい7つのタイプ」を紹介し…

「失敗は成功するための部品」キンコン西野に学ぶポジティブ変換術

ニシノ アキヒロ facebook 先日、 キングコング西野さんのFacebookの投稿を見て 「なるほどなぁ」とおもわず感心した考え方があったので記事にてシェアしようとおもいます。

「慣れること」「忘れること」は人のもつ素敵な能力である

「慣れること」と「忘れること」って みなさん経験ありますよね? これって人が産まれながらに持っている 能力みたいなものだとおもうんです。 誰しもが平等にもっている能力。 そしてこれはとても素晴らしいモノなんじゃないか って最近おもったりしたので…

子供から大人になるということ。

ぼくは今24歳。 もう十分に大人の仲間入りをしている年齢だし、 そのつもりだ。 でもたまに 「大人にはなりたくないな」と思う瞬間がある。 これがピーターパン症候群というやつだろうか? いや少しちがう。なんだろうこのモヤモヤは。 今年で25歳になる…